[スポンサーリンク]

ケムステしごと

「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?

そろそろ就活シーズンですね。今回は科学とは関係ない”日常のつぶやき”を一つ。

大学教員という立場になって以来、学振の申請書やエントリーシートを添削する機会に実にたくさん恵まれています。指導力養成、アピール技術のフィードバックという観点からも、いろいろ勉強させてもらえる貴重な経験だと心から思っています。

で、学生たちの書いてくる自己アピール文を沢山読むうちに、面白い共通点があることに気がつきました。

ほとんど皆が皆、「私はコミュニケーションスキルに長けた人間です」という主旨のことを必ず書いてくるのです。必要十分なスキルが当人に備わっているかは別として。

まるで宗教的教義の一種なのでは、と感じられるほどです。

あまりに皆して同じことをやってくるのを見て気持ち悪くなって、 この現象が起きる要因をいろいろと考えてしまいました。

おそらくは

「仕事には絶対的に必要なもので、あればあるほど強いスキル」
「人事や審査員の受けが確実に良くなる、世の中で持て囃されているスキル」

だと誰しも思い込んでいる背景事情があるのではないでしょうか。確かにこの社会認識自体、さほど的外れだとは思いません。
しかし、ここでもう少し踏み込んで考えてみましょう。

能力証明に(TOEICのように)定量評価を必要としないため、アピールとして書きやすい事情もあるのではないでしょうか?

要するに、面接に進んで審査官と話をしない限りは、「コミュニケーション得意」が本当かどうかなど知りようがない現実があるわけです。「とりあえずこう書いとけば損しないし、書類審査・ESを通す助けぐらいにはなるだろう」という安直な目論見が、(意識的にしろ無意識的にしろ)書き手サイドにあるような気がするのです。まぁ、計算高いことは必ずしも悪ではありませんし、その程度の「ちょい盛り」ぐらい可愛いもんだとも思いますが。

 

しかしながらこういう過程を経て、「コミュニケーションスキル推し」の自己アピールばかりが世の中に溢れるとどうなるでしょうか。

明確な差別化要素がない限り、有象無象のアピールは玉石混交の石として扱われ、結果として響くものに仕上がりにくくなる、ということが考えられます。

つまり、よほどユニークな経験に基づく文章を上手に書けない限り、ほとんどの「コミュニケーションスキル推し」は「あーまたこんなのか・・・」という印象を抱かれ、読み飛ばされてお終い、になっていくのではないでしょうか?

何百人もの申請書・ESを読む立場からすれば、判で押したような自己アピールなど、気に留めようとは微塵も思わないからです。競合相手が多いほど、クリアな差別化は難しくなるというのは一般原則です。

 

また、もうひとつ気づいたことがあります。口頭会話が上手い人ほど、書き言葉と文章力を鍛えてきてない傾向が強いように思うのです。おそらくは、口の上手さに頼ったうえで人生の諸問題をクリアしてきた現実ゆえでしょう。

この場合、口頭コミュニケーションに強い事実は自他ともに認めるところです。しかしそれを申請書上で上手に文章表現できないため、(差別化の難しさも手伝った結果)イマイチなアピール文に堕してしまう・・・といった現実が起こりえるわけです。これはなかなかにやるせない・・・。

さらに、先ほどの「計算高い心理」が色濃く出ると、採用されたいと強く思うあまり、実際にはコミュニケーションが不得意たる自分を曲げてまで審査員に媚びたアピールを書いているケースすらありえます。こうなると、難しいアピール法に果敢に挑んだはいいが上手く書くことに失敗し、結果として陳腐な自分像の証明になってしまうことにも・・・

しかも、当人はあくまで戦略的に書いているつもりなので、この現実に自分で気づける余地がほとんどありません(一生懸命、頭を使って努力する自分に満足してしまいがちなことも手伝っています)。これはなんとも救えないですね。

 

「コミュニケーションスキル推し」は往々にして陳腐化しがちで、明確に差別化されたアピールが難しい――そこを意識しないまま、思考停止気味に「コミュニケーションスキル」を絶対視してる人は、途轍も無く多いのではないでしょうか。「コミュニケーションスキル」がこれだけ耳目を集める現状にあって、それを主軸とした自己アピール文を優れた水準に持っていくこと自体、とてもハードルが高くなっているように感じられます。

しかしご承知の通り、実際には「他の応募者を断ってでも、こいつを採用してやろうか」と審査員に思わせない限り、アピールとしては失敗なのです。

 

『俺はコミュニケーション苦手だけど、補って余りある○○という強みがあります!』

 

そういった勝負感溢れる文面のほうが、業種や場合によっては却って審査員の心を捉えるかも知れません。自分の適性を実直に見極めたうえで、安直なアピールに無理に頼らない攻め方もひとつの有効戦略だと思えます。

一応断っておきますが、この文章は「コミュニケーションスキル推し」の方針それ自体を否定するものではありません。独自エピソードや哲学を上手く交えつつ、アピールに成功している人もたくさんいます。自信のある人はどんどんアピールしてください。

ただ、そのためには安直な取り組みでいく限り難しくて、一工夫無いと目立たないもんだよね、ということが伝えたかったことです。他方では、「おれはコミュニケーション力が無いから社会ではダメなんだ・・・」みたいな考え方にしても、そこまで正しくないんじゃないかな?と思えたわけです。上述のような視点を持つ審査員がいても、別に不思議ではないわけですから。

これからES・申請書を書かれる方々は、その辺り、心の片隅にでも置いて頂ければ・・・と思います。

関連動画

 関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  2. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  3. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  4. 触媒討論会に行ってきました
  5. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  6. で、その研究はなんの役に立つの?
  7. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  8. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)
  2. イベルメクチン /Ivermectin
  3. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より
  4. ミッドランド還元 Midland Reduction
  5. 重いキノン
  6. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  7. たばこと塩の博物館
  8. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  9. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  10. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP