[スポンサーリンク]

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  3. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  4. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)
  5. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  6. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  7. 第3回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  8. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  9. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  10. 私が思う化学史上最大の成果-2

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP