[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant

 ibookstoreが日本解禁になり、益々盛り上がっている電子書籍市場。化学系の日本語書籍もそろそろ登場かなあと思っています。一方で、本場米国のサイトでは既に多数の化学系書籍が出版されていてなかなか人気のご様子。

ふと、合成化学界の風雲児Phil Baran(以下フィル)が最近はじめたブログ、「Open Flask」を覗いてみると、こんな記事が。→The Portable Chemist’s Consultant

なんと丁度その日フィルが化学のiPad用電子書籍を出版したと。これはびっくりし、早速購入を、と思ったのですが、当日は残念ながら米国以外からは購入できず。ぜひ欲しかったので、すぐに本人に問い合わせたところ(実は同記事の質問のところに回答がありましたが)3秒で

「ちょっと待って!来週になったら日本でも購入できるよ

との答えが。

そして、先日(4月10日)にようやく購入できるようになったようで、フィルからタダでダウンロードできるフリーコード*が送られてきました。そこで早速、さきほど普段はあまり使用していないiPad(二代目)に入れてみました!

*といいつつ、売上に貢献してあげようとわざわざ購入したんですけどね。

どんな本?

書籍は、前述したブログ記事のタイトルと同様の The Portable Chemist’s Consultant 。 価格は39.99ドル(およそ4000円)。アベノミクスのおかげで円安となっている今日では少々お高く思えますがそれは愛嬌。

内容は複素環化学(Heterocyclic Chemistry)。Philがスクリプス研究所で毎年大学院の授業で行なっているものをまとめたもののようです。大学院の授業といっても侮るやなかれ、非常にハイレベルです。筆者は博士研究員として同研究所のBaran研究室にいたので、実際の授業にも参加したことはありますが大変参考になりました。幸いにも筆者は帰国後ヘテロ芳香環をメインにした合成化学の研究を行なっているので、現所属に着任した時にそれをもとに一生懸命勉強したものです。当時はさくさく答えてしまう、大学院生達に度肝を抜かれた記憶があります(全員ではないですが)。

ページ数は全400ページ以上!しかしながら、実はピリジンとピロールそしてインドールしかありません。ほとんどの医薬品に含まれる含窒素ヘテロ芳香環のみを対象にしたのかなと思ったのですが、聞くところによるとまだ完成していないとのこと。今後随時更新を重ねてタイトル通りの本にしたいと。

 

「おいおい、中途半端な状態で出したのかよ!」とおもわれる方もいるかもしれませんが、それが電子書籍のよいところ。間違いがあればアップデートで訂正されますし、どんどん最新の情報が追加されます。すなわち、通常の書籍ではホットな話題ほど1,2年立てば古い話題になってしまうところを、常に新しい状態で保てるのです。しかも本人曰く、今後のアップデートはすべて無料で行なっていくとのこと。これは手に入れないわけにはいきません。

 

fischer_book.png

誰が書いているの?

知らない人もいると思いますのでちょっと解説。先程から名前がでているPhil Baran(35さい)は有機合成化学界では数十年に一人ともいわれるライジングスター。自分の元ボスのことをあんまり褒めるのもなんですが、コンスタントに驚異的で斬新な合成化学手法を編み出しているいろいろな意味で”パワフルな化学者”です(関連記事参照)。

その他の著者はYoshihiro Ishihara, Ana Monteroです。Ishiharaは石原義大博士(ニックネーム:Yoshi)でなんと日本人(正確にはカナダ人です)!Baran研で昨年Ph.D を取得し、少しだけポスドクをしてから製薬会社に就職予定。圧倒的な賢さと文章力で、Baran研究室の文章ごとを一手に引き受けています。もちろん研究もすばらしく、ファーストオーサーではないですが、Nature(直接的フルオロアルキル化反応)とNature Chemistry(Taxane類の合成)を出しています。そういう筆者も彼にはお世話になっていて、化学や英語はもちろん日本語もフランス語もできるので、この総説を書いた時など英文ついでに化学も添削してもらいました。日本に来たときは必ず一緒に飲みにいきます。

第二著者はフィルの奥さん。彼女もスクリプス研究所で博士研究員として働いていた化学者です。Yoshiから複素環化学の本を書いているときいてましたが、まさかi-booksで出版するとは思いませんでした。

 

preface.png

前書き

 

中身はどんな感じ?

購入後ダウンロードして、書籍を開いていみると、とっても電子書籍らしいつくりとなっていました。ところで、このフォーマットどこかでみたことありませんか?気づいた人は比較的有機化学マニアですね。答えはそう人名反応の書籍で最も売れているStrategic Applications of Named Reactions in Organic Synthesis (日本語版:人名反応に学ぶ有機合成戦略) のフォーマットを使っているのです。ヘテロ環の基本的なところから、最新の結果まで網羅されています。面白いのは各所にみられる、動画。フィルの実際の授業が使われてるんですね。彼の授業は静かなクラシック音楽をかけながら、テンポよく進んでいきます。英語の勉強にもおすすめです。

 

 

philclass.png

下記のような反応性をまとめたシートもついています。勿論リファレンスにもハイパーリンクで簡単アクセス。通常の電子書籍と同じようにしおり機能やインデックスからのアクセスは簡単です。

 

reportcardpyridine.png

 

なにはともあれ、サンプルもありますので是非ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。ダウンロードはこちら→The Portable Chemist’s Consultant

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【書籍】理系のための口頭発表術
  2. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  3. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  4. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  5. タミフルの新規合成法・その4
  6. ネオ元素周期表
  7. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  8. ワイリー・サイエンスカフェ開設記念クイズ・キャンペーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化学美術館が来てくれました
  2. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示
  3. コーラから発がん物質?
  4. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  5. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  6. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri-tert-butylphosphonium Tetrafluoroborate
  7. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  8. 掟破り酵素の仕組みを解く
  9. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  10. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP