[スポンサーリンク]

ケムステニュース

骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

[スポンサーリンク]

ラロキシフェン米国立がん研究所は17日、米イーライリリー社の骨粗しょう症治療薬を閉経後の女性に投与した大規模臨床試験で、乳がんの予防効果がみられたことを明らかにした。

 ラロキシフェンというこの薬は「エビスタ」の商品名で日本でも販売されている。乳がん治療薬タモキシフェン(英アストラゼネカ社)と同等の予防効果があった一方、タモキシフェンより副作用は少なかったため「患者に有益な情報だ」として、試験終了前に中間結果が発表された。(引用:日本経済新聞)

タモキシフェン 

米国では800万人の女性が骨粗鬆症、2,200万人が骨量減少症であると推定されています。さらに、日本の骨粗鬆症患者は約1000万人確認されています。ラロキシフェン(Raloxifene)は選択的エストロゲン受容体モジュレーターという新しいカテゴリーに属する骨粗鬆症治療剤です。これが、

今回、乳がんの治療薬としてよく知られている、タモシキフェン(tamoxifen)と同等の効果があったそうです。

?

?

関連書籍

乳がん全書
乳がん―あなたにとって一番の治療を


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡
  2. 大分の高校生が特許を取得!
  3. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  4. アセチレン、常温で圧縮成功
  5. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  6. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  7. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  8. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リン酸アルミニウムを飲んだら爆発?
  2. 世界初の気体可塑性エラストマー!!
  3. 岸義人先生来学
  4. 人と人との「結合」を「活性化」する
  5. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  6. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  7. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  8. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  9. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  10. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP