[スポンサーリンク]

ケムステニュース

骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

[スポンサーリンク]

ラロキシフェン米国立がん研究所は17日、米イーライリリー社の骨粗しょう症治療薬を閉経後の女性に投与した大規模臨床試験で、乳がんの予防効果がみられたことを明らかにした。

 ラロキシフェンというこの薬は「エビスタ」の商品名で日本でも販売されている。乳がん治療薬タモキシフェン(英アストラゼネカ社)と同等の予防効果があった一方、タモキシフェンより副作用は少なかったため「患者に有益な情報だ」として、試験終了前に中間結果が発表された。(引用:日本経済新聞)

タモキシフェン 

米国では800万人の女性が骨粗鬆症、2,200万人が骨量減少症であると推定されています。さらに、日本の骨粗鬆症患者は約1000万人確認されています。ラロキシフェン(Raloxifene)は選択的エストロゲン受容体モジュレーターという新しいカテゴリーに属する骨粗鬆症治療剤です。これが、

今回、乳がんの治療薬としてよく知られている、タモシキフェン(tamoxifen)と同等の効果があったそうです。

?

?

関連書籍

乳がん全書
乳がん―あなたにとって一番の治療を


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は……
  2. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる
  3. CAS番号の登録が1億個突破!
  4. 平成をケムステニュースで振り返る
  5. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  6. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  7. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  8. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モルヒネ morphine
  2. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  3. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測
  4. イライアス・コーリー E. J. Corey
  5. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  6. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  7. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  8. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」
  9. マルチディスプレイを活用していますか?
  10. 出光・昭和シェル、統合を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

第214回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科化学専攻(岩本研究室)・小林 良さんに…

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP