[スポンサーリンク]

ケムステニュース

骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所

ラロキシフェン米国立がん研究所は17日、米イーライリリー社の骨粗しょう症治療薬を閉経後の女性に投与した大規模臨床試験で、乳がんの予防効果がみられたことを明らかにした。

 ラロキシフェンというこの薬は「エビスタ」の商品名で日本でも販売されている。乳がん治療薬タモキシフェン(英アストラゼネカ社)と同等の予防効果があった一方、タモキシフェンより副作用は少なかったため「患者に有益な情報だ」として、試験終了前に中間結果が発表された。(引用:日本経済新聞)

タモキシフェン 

米国では800万人の女性が骨粗鬆症、2,200万人が骨量減少症であると推定されています。さらに、日本の骨粗鬆症患者は約1000万人確認されています。ラロキシフェン(Raloxifene)は選択的エストロゲン受容体モジュレーターという新しいカテゴリーに属する骨粗鬆症治療剤です。これが、

今回、乳がんの治療薬としてよく知られている、タモシキフェン(tamoxifen)と同等の効果があったそうです。

?

?

関連書籍

乳がん全書
乳がん―あなたにとって一番の治療を


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表
  2. 「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ
  3. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  4. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益
  5. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  6. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  7. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  8. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 名古屋市科学館で化学してみた
  2. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ
  3. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  4. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  5. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation
  6. 第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場
  7. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  8. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語
  9. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis
  10. BTQBT : BTQBT

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (後編)-

前回に引き続き、アメリカの大学院の受験の合格者を対象にした学校説明会の参加報告です。今回はUC Be…

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP