[スポンサーリンク]


2009年 2月 01日

  1. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry

    ノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)は、ノーベル賞6部門のうちの1つ。 「化学の分野内で最も重要な発見あるいは改良を成し遂げた」人に与えられます。 (さらに…)…

  2. ブレビコミン /Brevicomin

    ブレビコミン(brevicomin)は、森林の樹木につく害虫(キクイムシ)から分泌さ…

  3. カリックスアレーン /calixarene

    ?カリックスアレーン (calixarene)は、フェノールとホルムアルデヒドが環状に縮合してでき…

  4. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers

    アンドリュー・G・マイヤース (Andrew G. Myers、19xx年xx月xx日-)は、アメリ…

  5. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2

    ?トロンボキサンA2?(thromboxane A2; TXA2) は血小板凝集作用、血管平滑筋収…

  6. イベルメクチン /Ivermectin

  7. レスベラトロール /resveratrol

  8. カンプトテシン /camptothecin

  9. 振動円二色性スペクトル Vibrational Circular Dichroism (VCD) Spectrum

  10. 化学でカードバトル!『Elementeo』

  11. ノーベル化学賞・受賞者一覧

  12. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

  13. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe

  14. バイアグラ /viagra

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  2. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】
  3. 「日産化学」ってどんな会社?
  4. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation
  5. ニセ試薬のサプライチェーン
  6. 【サステナブルなものづくり】 マイクロ波の使い方セミナー 〜実験例・実証設備などを公開〜
  7. 富士フイルム、英社を245億円で買収 産業用の印刷事業拡大

注目情報

最新記事

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

PAGE TOP