[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ハワイ州で日焼け止め成分に規制

[スポンサーリンク]

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立させた。2021年1月1日から施行する。こうした法律が米国で制定されるのは初めて。

法案は5月にハワイ州議会を通過していた。施行後は、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。

以下略 (太字は筆者による)

CNN.co.jp 2018.7.4

珊瑚の白化は世界中で問題となっておりますが、その原因についてははっきりとしていません。ある研究者はヒトが使用している日焼け止めクリームの成分を疑っています。[1]こういった意見を踏まえ、ハワイ州が動き出したようです。一度破壊された珊瑚礁は元に戻るのに長い年月を要しますので、科学的な根拠があるのであれば、このような規制はある程度やむを得ないのかもしれません。

化学に携わる者としては、禁止される成分がどんなものなのか気になるところです。この機会にオキシベンゾンオクチノキサートについて勉強しておきましょう。

オキシベンゾンは270-350 nmの光を吸収できますので、紫外線のUVBおよびUVAを吸収できます。また、オクチノキサートも280-320 nmの光を吸収できるため、主にUVAを吸収できます。構造も比較的単純ですので、合成もそんなに難しくなさそうです。よって幅広く日焼け止めの成分として使用されてきたのでしょう。しかしこれらがサンゴ白化の容疑者として上がっているようです。事の真偽はともかく、このような法案が通ってしまった以上は、ハワイでの日焼け止め対策について対策を練る必要があります。

それでは国内で販売されている日焼け止めクリームの成分を見てみましょう。筆者が(妻が買ってくるので)愛用している某王手化粧品会社の商品の裏を見ると、

ジメチコン, 水, 酸化亜鉛, エタノール, メトキシケイヒ酸エチルヘキシル, タルク, ミリスチン酸イソプロピル, メタクリル酸メチルクロスポリマー, シクロペンタシロキサン, イソドデカン, オクトクリレン, 酸化チタン, PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン, ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル, グリセリン, セバシン酸ジイソプロピル, (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー, シリカ, パルミチン酸デキストリン, キシリトール, トリメチルシロキシケイ酸, ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン, PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル, 塩化Na, チャエキス, サクラ葉エキス, カニナバラ果実エキス, アセチルヒアルロン酸Na, トルメンチラ根エキス, アロエベラ葉エキス, 水溶性コラーゲン, PPG-17, トリエトキシカプリリルシラン, イソステアリン酸, ジステアリルジモニウムクロリド, ジステアルジモニウムヘクトライト, 水酸化AI, ステアリン酸, EDTA-3Na, BHT, トコフェロール, イソプロパノール, BG, ピロ亜硫酸Na, フェノキシエタノール, 香料

となっていました。この商品は50%がスキンケア成分と謳っていますので、多くは今回の件に無関係です。この中で紫外線を吸収する化合物を拾ってみると、4つが該当しそうです。やれやれ、オキシベンゾンもオクチノキサートもはいっていないから、ハワイでも問題無く使えるなと一瞬思いました。

紫外線吸収に関わる4つの成分

が、構造式を描いてみると・・あれあれメトキシケイ皮酸エチルヘキシルって、オクチノキサートじゃないですか!しかも成分表の最初の方に出てくるので、結構メインを張ってますね。あぁ残念ながらこの商品は、2021年以降はハワイで使えないということになります(禁止されたのは販売、流通ですので、日本からの持ち込みはできるかもしれません)。さて、どうしたものですかね・・・

次のPacifichem2020年12月ですのでギリギリセーフですが、まあ無理して使うこともないですかね。そう言えばPacifichemの講演は屋内だし、夜近くまで講演もあるから、真面目に講演を聴く皆さんでしたら日焼けを気にしなくてもいいですよね?

いずれにしても、サンゴを守る活動には少しでも協力したいところです。サンゴにダメージを与えない日焼け止め成分の開発を加速させる必要があるかもしれません。

 

参考文献

    1. C. A. Downs, C. A.; Kramarsky-Winter, E.; Segal, R.; Fauth, J.; Knutson, S.; Bronstein, O.; Ciner, F. R.; Jeger, R.; Lichtenfeld, Y.; Woodley, C. M.; Pennington, P. Cadenas, K.; Kushmaro, A.; Loya, Y. Arch. Environ. Contam. Toxicol. 70, 265 (2016). DOI: 10.1007/s00244-015-0227-7

関連書籍

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  2. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  3. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  4. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…
  5. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  6. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  7. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  8. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  2. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  3. 原野 幸治 Koji Harano
  4. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  5. ノッド因子 (Nod factor)
  6. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士
  7. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  8. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  9. 表面処理技術ーChemical Times特集より
  10. 有機合成化学協会誌2020年11月号:英文版特集号

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP