[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ハワイ州で日焼け止め成分に規制

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立させた。2021年1月1日から施行する。こうした法律が米国で制定されるのは初めて。

法案は5月にハワイ州議会を通過していた。施行後は、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノキサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。

以下略 (太字は筆者による)

CNN.co.jp 2018.7.4

珊瑚の白化は世界中で問題となっておりますが、その原因についてははっきりとしていません。ある研究者はヒトが使用している日焼け止めクリームの成分を疑っています。[1]こういった意見を踏まえ、ハワイ州が動き出したようです。一度破壊された珊瑚礁は元に戻るのに長い年月を要しますので、科学的な根拠があるのであれば、このような規制はある程度やむを得ないのかもしれません。

化学に携わる者としては、禁止される成分がどんなものなのか気になるところです。この機会にオキシベンゾンオクチノキサートについて勉強しておきましょう。

オキシベンゾンは270-350 nmの光を吸収できますので、紫外線のUVBおよびUVAを吸収できます。また、オクチノキサートも280-320 nmの光を吸収できるため、主にUVAを吸収できます。構造も比較的単純ですので、合成もそんなに難しくなさそうです。よって幅広く日焼け止めの成分として使用されてきたのでしょう。しかしこれらがサンゴ白化の容疑者として上がっているようです。事の真偽はともかく、このような法案が通ってしまった以上は、ハワイでの日焼け止め対策について対策を練る必要があります。

それでは国内で販売されている日焼け止めクリームの成分を見てみましょう。筆者が(妻が買ってくるので)愛用している某王手化粧品会社の商品の裏を見ると、

ジメチコン, 水, 酸化亜鉛, エタノール, メトキシケイヒ酸エチルヘキシル, タルク, ミリスチン酸イソプロピル, メタクリル酸メチルクロスポリマー, シクロペンタシロキサン, イソドデカン, オクトクリレン, 酸化チタン, PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン, ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル, グリセリン, セバシン酸ジイソプロピル, (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー, シリカ, パルミチン酸デキストリン, キシリトール, トリメチルシロキシケイ酸, ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン, PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル, 塩化Na, チャエキス, サクラ葉エキス, カニナバラ果実エキス, アセチルヒアルロン酸Na, トルメンチラ根エキス, アロエベラ葉エキス, 水溶性コラーゲン, PPG-17, トリエトキシカプリリルシラン, イソステアリン酸, ジステアリルジモニウムクロリド, ジステアルジモニウムヘクトライト, 水酸化AI, ステアリン酸, EDTA-3Na, BHT, トコフェロール, イソプロパノール, BG, ピロ亜硫酸Na, フェノキシエタノール, 香料

となっていました。この商品は50%がスキンケア成分と謳っていますので、多くは今回の件に無関係です。この中で紫外線を吸収する化合物を拾ってみると、4つが該当しそうです。やれやれ、オキシベンゾンもオクチノキサートもはいっていないから、ハワイでも問題無く使えるなと一瞬思いました。

紫外線吸収に関わる4つの成分

が、構造式を描いてみると・・あれあれメトキシケイ皮酸エチルヘキシルって、オクチノキサートじゃないですか!しかも成分表の最初の方に出てくるので、結構メインを張ってますね。あぁ残念ながらこの商品は、2021年以降はハワイで使えないということになります(禁止されたのは販売、流通ですので、日本からの持ち込みはできるかもしれません)。さて、どうしたものですかね・・・

次のPacifichem2020年12月ですのでギリギリセーフですが、まあ無理して使うこともないですかね。そう言えばPacifichemの講演は屋内だし、夜近くまで講演もあるから、真面目に講演を聴く皆さんでしたら日焼けを気にしなくてもいいですよね?

いずれにしても、サンゴを守る活動には少しでも協力したいところです。サンゴにダメージを与えない日焼け止め成分の開発を加速させる必要があるかもしれません。

 

参考文献

    1. C. A. Downs, C. A.; Kramarsky-Winter, E.; Segal, R.; Fauth, J.; Knutson, S.; Bronstein, O.; Ciner, F. R.; Jeger, R.; Lichtenfeld, Y.; Woodley, C. M.; Pennington, P. Cadenas, K.; Kushmaro, A.; Loya, Y. Arch. Environ. Contam. Toxicol. 70, 265 (2016). DOI: 10.1007/s00244-015-0227-7

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  2. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  3. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  4. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  5. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  6. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  7. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  8. ヘリウム不足いつまで続く?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  2. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  3. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  4. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  5. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  6. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  7. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  8. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  9. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)
  10. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Aldol Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP