[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カンプトテシン /camptothecin

[スポンサーリンク]

カンプトテシン (camptothecin)は、カンレンボクCamptotheca acuminata に含まれるアルカロイドの一種。抗ガン作用を示す。

用途・歴史

1966年、WallおよびWaniらによって抗ガン剤のスクリーニングの過程で発見される。[1]

トポイソメラーゼIを阻害することで抗ガン作用を示す。

二種のカンプトテシン誘導体であるトポテカン(topotecan)イリノテカン(irinotecan)は実際に癌の化学療法剤として用いられている。

関連文献

[1] Wall, M. E.; Wani, M. C.; Cook, C. E.; Palmer, K. H.; McPhail, A. I.; Sim, G. A. J. Am. Chem. Soc. 1966, 88, 3888.

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シラフルオフェン (silafluofen)
  2. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  3. ミック因子 (Myc factor)
  4. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  5. ボルテゾミブ (bortezomib)
  6. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  7. モルヒネ morphine
  8. シアノスター Cyanostar

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  2. 有機スペクトル解析ワークブック
  3. なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  5. リチウムイオン電池のはなし~1~
  6. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  8. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  9. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  10. ゾウががんになりにくい本当の理由

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP