[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カンプトテシン /camptothecin

カンプトテシン (camptothecin)は、カンレンボクCamptotheca acuminata に含まれるアルカロイドの一種。抗ガン作用を示す。

用途・歴史

1966年、WallおよびWaniらによって抗ガン剤のスクリーニングの過程で発見される。[1]

トポイソメラーゼIを阻害することで抗ガン作用を示す。

二種のカンプトテシン誘導体であるトポテカン(topotecan)イリノテカン(irinotecan)は実際に癌の化学療法剤として用いられている。

関連文献

[1] Wall, M. E.; Wani, M. C.; Cook, C. E.; Palmer, K. H.; McPhail, A. I.; Sim, G. A. J. Am. Chem. Soc. 1966, 88, 3888.

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(T…
  2. カルボプラチン /carboplatin
  3. カスガマイシン (kasugamycin)
  4. 水 (water, dihydrogen monoxide)
  5. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  6. ディスコデルモライド /Discodermolide
  7. ゲラニオール
  8. スピノシン Spinosyn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  2. Whitesides’ Group: Writing a paper
  3. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  4. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  5. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  6. プラトー反応 Prato Reaction
  7. 不安定化合物ヒドロシランをうまくつくる方法
  8. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  9. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  10. ウギ反応 Ugi Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP