[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カンプトテシン /camptothecin

[スポンサーリンク]

カンプトテシン (camptothecin)は、カンレンボクCamptotheca acuminata に含まれるアルカロイドの一種。抗ガン作用を示す。

用途・歴史

1966年、WallおよびWaniらによって抗ガン剤のスクリーニングの過程で発見される。[1]

トポイソメラーゼIを阻害することで抗ガン作用を示す。

二種のカンプトテシン誘導体であるトポテカン(topotecan)イリノテカン(irinotecan)は実際に癌の化学療法剤として用いられている。

関連文献

[1] Wall, M. E.; Wani, M. C.; Cook, C. E.; Palmer, K. H.; McPhail, A. I.; Sim, G. A. J. Am. Chem. Soc. 1966, 88, 3888.

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT…
  2. シガトキシン /ciguatoxin
  3. リベロマイシンA /Reveromycin A
  4. グルタミン酸 / Glutamic Acid
  5. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  6. グルコース (glucose)
  7. モルヒネ morphine
  8. ブレビコミン /Brevicomin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 合成とノーベル化学賞
  2. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】
  3. ヒドラジン
  4. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  5. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  6. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  7. ケミカル・アリに死刑判決
  8. ダイヤモンドは砕けない
  9. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  10. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP