[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

バイアグラ /viagra

viagra.gif

バイアグラ(viagra)は、ファイザーが製造・販売する勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)の治療薬である。化合物名称はシルデナフィル(sildenafil)

  • 歴史・用途

社会現象まで巻き起こしたほどの有名な薬で、名前を知らない人は恐らくほとんどいないでしょう。

体内ではホスホジエステラーゼV型を阻害することで血管拡張作用を示します。。もともとは狭心症治療を期待して開発が進められていたのですが、臨床試験において陰茎勃起作用が促進されることが確かめられたため、現在のような形で売り出される事になりました。

?

  • 関連文献
  • 関連書籍
涙と笑いの奮闘記―全米セールスNo.1に輝いた
アスペクト
Jamie Reidy(原著)高橋 則明(翻訳)
発売日:2005-11
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 アメリカのMRの営業奮戦記
ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬 (文春新書 (051))
文芸春秋
発売日:1999-07
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 ライフスタイル・ドラッグという存在に
パンツの中の健康
双葉社
発売日:2004-11-17
おすすめ度:5.0
  • 関連リンク

クエン酸シルデナフィル – Wikipedia

Sildenafil – Wikipedia

Viagra official site

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ギ酸 (formic acid)
  2. ヘロナミドA Heronamide A
  3. オーラノフィン (auranofin)
  4. イレッサ /iressa (gefitinib)
  5. ディスコデルモライド /Discodermolide
  6. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  7. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  8. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ふるい”で気体分離…京大チーム
  2. スタチンのふるさとを訪ねて
  3. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  4. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  5. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  6. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  7. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  8. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  9. 光で脳/神経科学に革命を起こす「オプトジェネティクス」
  10. プロペランの真ん中

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP