[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

バイアグラ /viagra

[スポンサーリンク]

viagra.gif

バイアグラ(viagra)は、ファイザーが製造・販売する勃起不全(Erectile Dysfunction:ED)の治療薬である。化合物名称はシルデナフィル(sildenafil)

  • 歴史・用途

社会現象まで巻き起こしたほどの有名な薬で、名前を知らない人は恐らくほとんどいないでしょう。

体内ではホスホジエステラーゼV型を阻害することで血管拡張作用を示します。。もともとは狭心症治療を期待して開発が進められていたのですが、臨床試験において陰茎勃起作用が促進されることが確かめられたため、現在のような形で売り出される事になりました。

?

  • 関連文献
  • 関連書籍
涙と笑いの奮闘記―全米セールスNo.1に輝いた
アスペクト
Jamie Reidy(原著)高橋 則明(翻訳)
発売日:2005-11
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 アメリカのMRの営業奮戦記
ハゲ、インポテンス、アルツハイマーの薬 (文春新書 (051))
文芸春秋
発売日:1999-07
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 ライフスタイル・ドラッグという存在に
パンツの中の健康
双葉社
発売日:2004-11-17
おすすめ度:5.0
  • 関連リンク

クエン酸シルデナフィル – Wikipedia

Sildenafil – Wikipedia

Viagra official site

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. グルコース (glucose)
  2. プロリン ぷろりん proline
  3. ブレオマイシン /Bleomycin
  4. カイニン酸 kainic acid
  5. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  6. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  7. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  8. ビタミンB12 /vitamin B12

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  2. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  3. ヘキサン (hexane)
  4. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果
  5. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  6. 富士写、化学材料を事業化
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  8. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  9. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  10. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP