[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe

[スポンサーリンク]

マイケル・オキーフィ (Michael O’Keeffe、1934年4月3日-)は、アメリカの結晶学者である(写真:Arizona State University)。米アリゾナ州立大学教授。

経歴

1954 ブリストール大学 学士号取得
1958 ブリストール大学 博士号取得
1958 Mullard Res Labs and Philips Res Labs 研究員
1960 インディアナ大学 博士研究員
1963 アリゾナ州立大学 助教授
1966 アリゾナ州立大学 准教授
1970 アリゾナ州立大学 助教授

1977にブリストール大学D.Sc.取得。

 

受賞歴

 

研究概要

結晶性周期的錯体のトポロジーに関する研究

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  2. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  3. 藤田 誠 Makoto Fujita
  4. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn
  5. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  6. 森謙治 Kenji Mori
  7. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  8. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アライン種の新しい発生法
  2. ボールペンなどのグリップのはなし
  3. GlycoProfile アジド糖
  4. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  5. 化学探偵Mr.キュリー6
  6. Imaging MS イメージングマス
  7. 学振申請書の書き方とコツ
  8. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成
  9. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  10. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP