[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe

マイケル・オキーフィ (Michael O’Keeffe、1934年4月3日-)は、アメリカの結晶学者である(写真:Arizona State University)。米アリゾナ州立大学教授。

経歴

1954 ブリストール大学 学士号取得
1958 ブリストール大学 博士号取得
1958 Mullard Res Labs and Philips Res Labs 研究員
1960 インディアナ大学 博士研究員
1963 アリゾナ州立大学 助教授
1966 アリゾナ州立大学 准教授
1970 アリゾナ州立大学 助教授

1977にブリストール大学D.Sc.取得。

 

受賞歴

 

研究概要

結晶性周期的錯体のトポロジーに関する研究

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwal…
  2. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  3. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  4. 菅裕明 Hiroaki Suga
  5. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  6. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  7. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  8. マックス・プランク Max Planck

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis
  2. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  3. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法
  4. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応
  5. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate
  6. フィンランド理科教科書 化学編
  7. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  8. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  9. 僕がケムステスタッフになった三つの理由
  10. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP