[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe

マイケル・オキーフィ (Michael O’Keeffe、1934年4月3日-)は、アメリカの結晶学者である(写真:Arizona State University)。米アリゾナ州立大学教授。

経歴

1954 ブリストール大学 学士号取得
1958 ブリストール大学 博士号取得
1958 Mullard Res Labs and Philips Res Labs 研究員
1960 インディアナ大学 博士研究員
1963 アリゾナ州立大学 助教授
1966 アリゾナ州立大学 准教授
1970 アリゾナ州立大学 助教授

1977にブリストール大学D.Sc.取得。

 

受賞歴

 

研究概要

結晶性周期的錯体のトポロジーに関する研究

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  2. 村井 眞二 Shinji Murai
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. 天野 浩 Hiroshi Amano
  5. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  6. テオ・グレイ Theodore Gray
  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  8. 岸 義人 Yoshito Kishi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activation
  2. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  3. alreadyの使い方
  4. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2014
  5. 企業の研究開発のつらさ
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  7. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  8. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  9. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  10. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP