[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

イベルメクチン /Ivermectin

[スポンサーリンク]

ivermectin.gif

イベルメクチン(ivermectin)は、Streptomyces avermitilisから単離された抗菌薬。

  • ?用途・歴史

大村智らによって単離・構造決定が行われる。河川盲目症と呼ばれる熱帯病の特効薬である。メルク社との共同開発によって市販されている。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

イベルメクチン – Wikipedia

Ivermectin?- Wikipedia

Professor Satoshi Omura

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロドデノール (rhododenol)
  2. メバスタチン /Mevastatin
  3. アスタキサンチン (astaxanthin)
  4. カルボラン carborane
  5. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素っ…
  6. アントシアニン / anthocyanin
  7. ビタミンB12 /vitamin B12
  8. キニーネ きにーね quinine

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  2. 危険物に関する法令:指定数量の覚え方
  3. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-3a,8a-ジヒドロ-8H-インデノ[1,2-d]オキサゾール] : (+)-2,2′-Methylenebis[(3aR,8aS)-3a,8a-dihydro-8H-indeno[1,2-d]oxazole]
  4. 有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬
  5. 窒素固定をめぐって-2
  6. NaHの水素原子の酸化数は?
  7. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  8. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  9. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  10. 2010年イグノーベル賞決定!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP