[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

イベルメクチン /Ivermectin

ivermectin.gif

イベルメクチン(ivermectin)は、Streptomyces avermitilisから単離された抗菌薬。

  • ?用途・歴史

大村智らによって単離・構造決定が行われる。河川盲目症と呼ばれる熱帯病の特効薬である。メルク社との共同開発によって市販されている。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

イベルメクチン – Wikipedia

Ivermectin?- Wikipedia

Professor Satoshi Omura

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  2. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  3. スピノシン Spinosyn
  4. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)…
  5. フタロシアニン phthalocyanine
  6. ギ酸 (formic acid)
  7. ヨードホルム (iodoform)
  8. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機EL organic electroluminescence
  2. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  3. 免疫系に捕そくされない超微粒子の薬剤
  4. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  5. 二酸化炭素をはきだして♪
  6. 芳香環シラノール
  7. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  8. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  9. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  10. 標準物質ーChemical Times特集より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP