[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

イベルメクチン /Ivermectin

ivermectin.gif

イベルメクチン(ivermectin)は、Streptomyces avermitilisから単離された抗菌薬。

  • ?用途・歴史

大村智らによって単離・構造決定が行われる。河川盲目症と呼ばれる熱帯病の特効薬である。メルク社との共同開発によって市販されている。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク

イベルメクチン – Wikipedia

Ivermectin?- Wikipedia

Professor Satoshi Omura

抗生物質の話 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サラシノール/Salacinol
  2. フラーレン /Fullerene
  3. セレノネイン selenoneine
  4. ペラミビル / Peramivir
  5. チアミン (thiamin)
  6. ヘリウム (helium; He)
  7. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate…
  8. モリブドプテリン (molybdopterin)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  2. Classics in Total Synthesis
  3. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  4. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
  5. アイルランドに行ってきた②
  6. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!
  7. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  8. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  9. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号
  10. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP