[スポンサーリンク]


2009年 9月 11日

  1. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

    ケトン→カルボン酸誘導体概要芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。 (さらに&hell…

  2. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid

    概要金属触媒存在下にジアゾ化合物は分解を受け、金属カルベノイド種が生成する。これ…

  3. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

    概要3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。…

  4. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement

    窒素化合物→窒素化合物概要ベンジル置換4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイ…

  5. ビギネリ反応 Biginelli Reaction

    概要三成分縮合反応(Three-Component Reaction)の一種であ…

  6. チチバビン反応 Chichibabin Reaction

  7. キャロル転位 Carroll Rearrangement

  8. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation

  9. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabotinsky(BZ) Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. お”カネ”持ちな会社たち-1
  2. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  3. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  4. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  5. 位置多様性・脱水素型クロスカップリング
  6. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)
  7. 【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

注目情報

最新記事

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

PAGE TOP