[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  2. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…
  3. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  4. トロスト酸化 Trost Oxidation
  5. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  6. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  7. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  8. ブレイズ反応 Blaise Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  2. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  3. 英会話とプログラミングの話
  4. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  5. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  6. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  7. 花粉症 花粉飛散量、過去最悪? 妙案なく、つらい春
  8. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  9. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  10. クリストフ・レーダー Christoph Rader

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP