[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

[スポンサーリンク]

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (P…
  2. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  3. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  4. コープ転位 Cope Rearrangement
  5. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  6. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…
  7. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  8. ネバー転位 Neber Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. as well asの使い方
  2. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  3. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  4. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  5. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  6. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  7. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  8. 研究者×Sigma-Aldrichコラボ試薬 のポータルサイト
  9. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  10. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP