[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…
  2. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-…
  3. モッシャー法 Mosher Method
  4. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…
  5. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction…
  6. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  7. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  8. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  2. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法
  3. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  4. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  5. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  6. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  7. 今年はキログラムに注目だ!
  8. エノキサシン:Enoxacin
  9. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  10. ヒト胚研究、ついに未知領域へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP