[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Gro…
  2. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…
  3. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  4. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  5. モッシャー法 Mosher Method
  6. コープ転位 Cope Rearrangement
  7. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  8. MAC試薬 MAC Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  2. ジョン・フェン John B. Fenn
  3. カスケード反応 Cascade Reaction
  4. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  5. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  6. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  7. ヨン・ピエール Jorn Piel
  8. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応
  9. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  10. アレン・バード Allen J. Bard

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP