[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  2. ステッター反応 Stetter reaction
  3. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyau…
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  5. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  6. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  7. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  8. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  2. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide
  3. 生体共役反応 Bioconjugation
  4. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  5. 階段状分子の作り方
  6. ロンドン・サイエンスミュージアム
  7. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  8. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  9. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  10. 世界の中心で成果を叫んだもの

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP