[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

[スポンサーリンク]

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  2. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  3. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Cl…
  4. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  5. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  6. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  7. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  8. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  2. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  3. 優れた研究者は優れた指導者
  4. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  5. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  6. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  7. 複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明
  8. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  9. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  10. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP