[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アニオン重合 Anionic Polymerization
  2. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  3. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…
  4. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…
  5. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  6. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  7. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  8. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  2. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  3. エドマン分解 Edman Degradation
  4. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  5. 世界が終わる日までビスマス
  6. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  7. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  8. 東京理科大学みらい研究室にお邪魔してきました
  9. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
  10. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP