[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

[スポンサーリンク]

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  2. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  3. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  4. MSH試薬 MSH reagent
  5. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  6. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  7. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg React…
  8. クライゼン縮合 Claisen Condensation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 森謙治 Kenji Mori
  2. スイスでポスドクはいかが?
  3. ケムステスタッフ徹底紹介!
  4. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  5. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  6. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授
  7. ガラス器具の洗浄にも働き方改革を!
  8. バニリン /Vanillin
  9. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  10. NaHの水素原子の酸化数は?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP