[スポンサーリンク]

D

N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation

 

概要

3級アミンにアシルハライドを作用させて、窒素原子から脱アルキル化を行う手法。

基本文献

 

反応機構

N_dealkyl_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  2. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoer…
  3. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  4. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  5. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  6. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…
  7. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  8. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  2. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  3. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  4. 有機EL素子の開発と照明への応用
  5. 森田浩介 Kosuke Morita
  6. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  7. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  8. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  9. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  10. MSH試薬 MSH reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP