[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

[スポンサーリンク]

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  2. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  3. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  4. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  5. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  6. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  7. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  8. スナップ試薬 SnAP Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 遠藤守信 Morinobu Endo
  2. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  3. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  4. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  5. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  6. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ
  7. ピンポン玉で分子模型
  8. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  9. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  10. Nature Chemistryデビュー間近!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP