[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

[スポンサーリンク]

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  2. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  3. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  4. 北エステル化反応 Kita Esterification
  5. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  6. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  7. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  8. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2009 -化学-
  2. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  3. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応
  4. モリブドプテリン (molybdopterin)
  5. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  6. 3.11 14:46 ②
  7. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  8. これならわかるNMR/二次元NMR
  9. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  10. ポリ乳酸 Polylactic Acid

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP