[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  2. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  3. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  4. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  5. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  6. アッペル反応 Appel Reaction
  7. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  8. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. ボリルメタン~メタンの触媒的ホウ素化反応
  4. セレノネイン selenoneine
  5. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  6. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  7. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman
  8. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  9. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  10. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmetric Cyclopropanation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP