[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxida…
  2. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  3. ペタシス反応 Petasis Reaction
  4. 隣接基関与 Neighboring Group Particip…
  5. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis…
  6. グレーサー反応 Glaser Reaction
  7. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  8. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  2. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧
  3. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  4. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  5. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  6. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  7. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  8. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  9. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  10. 機能指向型合成 Function-Oriented Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP