[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  2. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  3. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamm…
  4. アニオン重合 Anionic Polymerization
  5. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  6. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  7. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  8. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyau…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フルエッギン Flueggine
  2. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  3. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  4. 相田 卓三 Takuzo Aida
  5. SciFinder Future Leaders 2017: プログラム参加のススメ
  6. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  7. 二酸化炭素をはきだして♪
  8. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  9. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  10. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP