[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

[スポンサーリンク]

ケトン→カルボン酸誘導体

概要

芳香族ケトンにアンモニウムポリスルフィドを作用させて、末端アミドを作る反応。

モルホリンおよび硫黄の組み合わせも代わりに用いることができる(Kindlar変法)。

 

基本文献

 

反応機構

Kindlar変法。
willgerodt_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  2. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  3. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  4. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  5. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…
  6. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  7. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-A…
  8. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フライデーハーバー研究所
  2. 林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学
  3. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  4. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  5. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  6. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  7. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  8. 死海付近で臭素が漏洩
  9. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  10. 掟破り酵素の仕組みを解く

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

化学者のためのエレクトロニクス講座~化合物半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表

この程、TPC マーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、 次…

有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年9月号がオンライン公開されました。完…

第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

第118回の海外化学者インタビューは、キャロライン・ベルトッツィ教授です。カリフォルニア大学バークレ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP