[スポンサーリンク]

archives

ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロポキシ)ボロヒドリド:Sodium Tris(1,1,1,3,3,3-hexafluoroisopropoxy)borohydride

アルデヒドの選択的還元反応

戸嶋らは,ケトン存在下でのアルデヒドの選択的還元反応について報告しています。それによれば,還元剤としてNaBH(HFIP)3を用いることにより,ケトンや他の官能基の存在下,アルデヒドが選択的に還元され,高収率で対応する第一級アルコールが得られます。この方法は他の添加剤が必要なく,操作も簡便なため,有用なアルデヒドの還元法です。カルボニル基の還元反応は有機合成において重要なステップであるため,多方面への応用が期待されます。

“Chemoselective Reduction of Aldehydes over Ketones with Sodium Tris(hexafluoroisopropoxy)borohydride”

Y. Kuroiwa, S. Matsumura, K. Toshima, Synlett 2008, 16, 2523. DOI: 10.1055/s-2008-1078217

u061_ga

Chemoselective reduction of aldehydes in the presence of ketones was achieved using sodium tris(hexafluoroisopropoxy)borohydride which can be stored as a THF solution.

 

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. 芳香環シラノール
  3. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  4. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  5. インドール一覧
  6. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  7. Horner-Emmons 試薬
  8. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  2. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  3. マタタビの有効成分のはなし
  4. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  5. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  6. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  7. コランニュレン corannulene
  8. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  9. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  10. 中谷宇吉郎 雪の科学館

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP