[スポンサーリンク]


2013年 8月

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

    高分子の合成において分子量を制御することは,高分子材料の分子設計において極めて重要です。一例として相田らは,テトラフェニルポルフィリンから調製したアルミニウム-ポルフィリン錯体が,さまざまなモノマーに対し,分子量分布の狭い高…

  2. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)

    ファイトスルフォカインはアスパラガス培養細胞から細胞増殖を促進する生理活性により見出された植物ホルモン。硫酸エステル化されたチロシンを持ち、植物界で初めて発見されたペプチドホルモンである。

  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

    Hassnerらはベンゼンスルホヒドロキサム酸 (0.7当量) を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

    (さらに…)…

  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

    (さらに…)…

  6. ヨードホルム (iodoform)

  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  8. 光化学スモッグ注意報が発令されました

  9. 進撃のタイプウェル

  10. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場

  11. ちょっと変わったイオン液体

  12. ロドデノール (rhododenol)

  13. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

  14. 夏のお肌に。ファンデーションの化学

  15. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と

  16. フリーラジカルの祖は一体誰か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  2. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  3. レスベラトロール /resveratrol
  4. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  5. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  6. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama
  7. Skype英会話の勧め

注目情報

最新記事

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

PAGE TOP