[スポンサーリンク]


2013年 8月

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

    高分子の合成において分子量を制御することは,高分子材料の分子設計において極めて重要です。一例として相田らは,テトラフェニルポルフィリンから調製したアルミニウム-ポルフィリン錯体が,さまざまなモノマーに対し,分子量分布の狭い高…

  2. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)

    ファイトスルフォカインはアスパラガス培養細胞から細胞増殖を促進する生理活性により見出された植物ホルモン。硫酸エステル化されたチロシンを持ち、植物界で初めて発見されたペプチドホルモンである。

  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

    Hassnerらはベンゼンスルホヒドロキサム酸 (0.7当量) を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

    (さらに…)…

  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

    (さらに…)…

  6. ヨードホルム (iodoform)

  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  8. 光化学スモッグ注意報が発令されました

  9. 進撃のタイプウェル

  10. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場

  11. ちょっと変わったイオン液体

  12. ロドデノール (rhododenol)

  13. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

  14. 夏のお肌に。ファンデーションの化学

  15. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と

  16. フリーラジカルの祖は一体誰か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate
  2. 根岸試薬(Cp2Zr) Negishi Reagent
  3. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~
  4. カスケード反応 Cascade Reaction
  5. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授
  6. ミドリムシが燃料を作る!? 石油由来の軽油を100%代替可能な次世代バイオディーゼル燃料が完成
  7. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)

注目情報

最新記事

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

PAGE TOP