[スポンサーリンク]


2013年 8月

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

    高分子の合成において分子量を制御することは,高分子材料の分子設計において極めて重要です。一例として相田らは,テトラフェニルポルフィリンから調製したアルミニウム-ポルフィリン錯体が,さまざまなモノマーに対し,分子量分布の狭い高…

  2. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)

    ファイトスルフォカインはアスパラガス培養細胞から細胞増殖を促進する生理活性により見出された植物ホルモン。硫酸エステル化されたチロシンを持ち、植物界で初めて発見されたペプチドホルモンである。

  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

    Hassnerらはベンゼンスルホヒドロキサム酸 (0.7当量) を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

    (さらに…)…

  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

    (さらに…)…

  6. ヨードホルム (iodoform)

  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  8. 光化学スモッグ注意報が発令されました

  9. 進撃のタイプウェル

  10. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場

  11. ちょっと変わったイオン液体

  12. ロドデノール (rhododenol)

  13. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

  14. 夏のお肌に。ファンデーションの化学

  15. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と

  16. フリーラジカルの祖は一体誰か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  2. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」
  3. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化
  4. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた
  5. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授
  6. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama
  7. 電子学術情報の利活用

注目情報

最新記事

【7/28開催】第3回TCIオンラインセミナー 「動物透明化試薬ウェビナー CUBICの基礎と実例」

第3回TCIオンラインセミナーを開催いたします。現在、動物透明化技術は注目の手技です。本セミ…

金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

アルカリ金属と1-アダマンタノール (HOAd1)の混合により、平面三角形構造かつ未還元のヒドロキシ…

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

PAGE TOP