[スポンサーリンク]


2013年 8月

  1. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

    高分子の合成において分子量を制御することは,高分子材料の分子設計において極めて重要です。一例として相田らは,テトラフェニルポルフィリンから調製したアルミニウム-ポルフィリン錯体が,さまざまなモノマーに対し,分子量分布の狭い高…

  2. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)

    ファイトスルフォカインはアスパラガス培養細胞から細胞増殖を促進する生理活性により見出された植物ホルモン。硫酸エステル化されたチロシンを持ち、植物界で初めて発見されたペプチドホルモンである。

  3. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

    Hassnerらはベンゼンスルホヒドロキサム酸 (0.7当量) を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

    (さらに…)…

  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体

    (さらに…)…

  6. ヨードホルム (iodoform)

  7. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  8. 光化学スモッグ注意報が発令されました

  9. 進撃のタイプウェル

  10. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場

  11. ちょっと変わったイオン液体

  12. ロドデノール (rhododenol)

  13. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

  14. 夏のお肌に。ファンデーションの化学

  15. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と

  16. フリーラジカルの祖は一体誰か?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. MT-スルホン MT-Sulfone
  2. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  3. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授
  4. アレ?アレノン使えばノンラセミ化?!
  5. カテラニ反応 Catellani Reaction
  6. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

PAGE TOP