[スポンサーリンク]

archives

ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応

Hassnerらはベンゼンスルホヒドロキサム酸 (0.7当量) を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応を報告しています。この反応では触媒として強酸を用いず,塩基 (Et3N; 1当量) 存在下,室温10分で反応は完結します。塩基性条件である本反応は酸に対する感受性が高いO-THP,N-Boc,O-TBS (t-ブチルジメチルシリル) やO-TBDPS (t-ブチルシフェニルシリル) の各保護基に対して影響を与えません。従って,本反応は酸を触媒とするアセタール化反応と相補的に用いることができます。

“A Mild, Room-Temperature Protection of Ketones and Aldehydes as 1,3-­Dioxolanes under Basic Conditions”

A. Hassner, C. R. Bandi, S. Panchgalle, Synlett 2012, 23, 2773. DOI: 10.1055/s-0032-1317529

b0225_ga

Protection of ketones or aldehydes as 1,3-dioxolane derivatives proceeds within minutes at room temperature in the presence of N-hydroxybenzenesulfonamide, its O-benzyl derivative, or the tosyl analogue, in the absence of strong protonic acids, and in the presence of base (Et3N). Acid-sensitive groups such as O-THP, O-TBS, or N-Boc are unaffected.

関連記事

  1. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  2. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  3. A-Phosパラジウム錯体
  4. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  7. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  8. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  2. ケミカルバイオロジー chemical biology
  3. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  4. ゲームを研究に応用? タンパク質の構造計算ゲーム「Foldit」
  5. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  6. 前田 浩 Hiroshi Maeda
  7. ムスカリン muscarine
  8. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応
  9. 密度汎関数法の基礎
  10. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP