[スポンサーリンク]

archives

連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

[スポンサーリンク]

P1944.gif


ポリ(メチルフェニル)シラン担持パラジウム/アルミナハイブリッド触媒(Pd / (PSi-Al2O3), 1)は小林らによって開発されたナノ粒子状の固定化パラジウム触媒です。水素気流下での還元反応,鈴木-宮浦カップリング反応,薗頭カップリング反応,ヒドロシリル化反応への応用例が報告されています1)。水素気流下での還元反応においては,1が充填されたカラムを組み込んだ連続フローリアクターを用い,C-C二重結合や三重結合の還元が行われています。液体の基質であれば溶媒を用いなくとも定量的に反応が進行し,生成物が得られます2)。さらにニトロベンゼンのアミノ基への還元やCbz基の脱保護,水溶液中での還元への応用も可能です。

1)H. Oyamada, R. Akiyama, H. Hagio, T. Naito, S. Kobayashi, Chem. Commun. 2006, 4297.
2)H. Oyamada, T. Naito, S. Kobayashi, Beilstein J. Org. Chem. 2011, 7, 735.

環境調和型の両親和性ポリマー担持パラジウム触媒もご用意しています。水を溶媒とする反応にお使いいただけます。
≫ 製品コード:P1425 Poly[N-isopropylacrylamide-co-4-(diphenylphosphino)styrene] Palladium(II) Dichloride (ratio, acrylamide:phosphine=20:2)

関連記事

  1. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  4. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  5. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  6. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  7. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  8. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘロナミドA Heronamide A
  2. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応
  3. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  4. ボールペンなどのグリップのはなし
  5. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  6. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  7. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!
  8. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  9. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  10. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smith教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP