[スポンサーリンク]

archives

連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

P1944.gif


ポリ(メチルフェニル)シラン担持パラジウム/アルミナハイブリッド触媒(Pd / (PSi-Al2O3), 1は小林らによって開発されたナノ粒子状の固定化パラジウム触媒です。水素気流下での還元反応,鈴木-宮浦カップリング反応,薗頭カップリング反応,ヒドロシリル化反応への応用例が報告されています1)。水素気流下での還元反応においては,1が充填されたカラムを組み込んだ連続フローリアクターを用い,C-C二重結合や三重結合の還元が行われています。液体の基質であれば溶媒を用いなくとも定量的に反応が進行し,生成物が得られます2)。さらにニトロベンゼンのアミノ基への還元やCbz基の脱保護,水溶液中での還元への応用も可能です。

1)H. Oyamada, R. Akiyama, H. Hagio, T. Naito, S. Kobayashi, Chem. Commun. 2006, 4297.
2)H. Oyamada, T. Naito, S. Kobayashi, Beilstein J. Org. Chem. 2011, 7, 735.

環境調和型の両親和性ポリマー担持パラジウム触媒もご用意しています。水を溶媒とする反応にお使いいただけます。
≫ 製品コード:P1425 Poly[N-isopropylacrylamide-co-4-(diphenylphosphino)styrene] Palladium(II) Dichloride (ratio, acrylamide:phosphine=20:2)

関連記事

  1. ケムステ国際版・中国語版始動!
  2. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  5. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  6. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  7. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  8. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  2. カネボウ化粧品、バラの香りの秘密解明 高級香水が身近に?
  3. ペラミビル / Peramivir
  4. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  5. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  6. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  7. 付設展示会へ行こう!ーWiley編
  8. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  9. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  10. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP