[スポンサーリンク]

archives

連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

P1944.gif


ポリ(メチルフェニル)シラン担持パラジウム/アルミナハイブリッド触媒(Pd / (PSi-Al2O3), 1)は小林らによって開発されたナノ粒子状の固定化パラジウム触媒です。水素気流下での還元反応,鈴木-宮浦カップリング反応,薗頭カップリング反応,ヒドロシリル化反応への応用例が報告されています1)。水素気流下での還元反応においては,1が充填されたカラムを組み込んだ連続フローリアクターを用い,C-C二重結合や三重結合の還元が行われています。液体の基質であれば溶媒を用いなくとも定量的に反応が進行し,生成物が得られます2)。さらにニトロベンゼンのアミノ基への還元やCbz基の脱保護,水溶液中での還元への応用も可能です。

1)H. Oyamada, R. Akiyama, H. Hagio, T. Naito, S. Kobayashi, Chem. Commun. 2006, 4297.
2)H. Oyamada, T. Naito, S. Kobayashi, Beilstein J. Org. Chem. 2011, 7, 735.

環境調和型の両親和性ポリマー担持パラジウム触媒もご用意しています。水を溶媒とする反応にお使いいただけます。
≫ 製品コード:P1425 Poly[N-isopropylacrylamide-co-4-(diphenylphosphino)styrene] Palladium(II) Dichloride (ratio, acrylamide:phosphine=20:2)

関連記事

  1. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  2. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  3. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  4. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  5. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  6. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  8. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マッチ博物館
  2. 大学入試のあれこれ ②
  3. 輸出貿易管理令
  4. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  5. アッペル反応 Appel Reaction
  6. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  7. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  8. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  9. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  10. 2013年就活体験記(2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP