[スポンサーリンク]

archives

連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

P1944.gif


ポリ(メチルフェニル)シラン担持パラジウム/アルミナハイブリッド触媒(Pd / (PSi-Al2O3), 1)は小林らによって開発されたナノ粒子状の固定化パラジウム触媒です。水素気流下での還元反応,鈴木-宮浦カップリング反応,薗頭カップリング反応,ヒドロシリル化反応への応用例が報告されています1)。水素気流下での還元反応においては,1が充填されたカラムを組み込んだ連続フローリアクターを用い,C-C二重結合や三重結合の還元が行われています。液体の基質であれば溶媒を用いなくとも定量的に反応が進行し,生成物が得られます2)。さらにニトロベンゼンのアミノ基への還元やCbz基の脱保護,水溶液中での還元への応用も可能です。

1)H. Oyamada, R. Akiyama, H. Hagio, T. Naito, S. Kobayashi, Chem. Commun. 2006, 4297.
2)H. Oyamada, T. Naito, S. Kobayashi, Beilstein J. Org. Chem. 2011, 7, 735.

環境調和型の両親和性ポリマー担持パラジウム触媒もご用意しています。水を溶媒とする反応にお使いいただけます。
≫ 製品コード:P1425 Poly[N-isopropylacrylamide-co-4-(diphenylphosphino)styrene] Palladium(II) Dichloride (ratio, acrylamide:phosphine=20:2)

関連記事

  1. キラルオキサゾリジノン
  2. Grubbs第一世代触媒
  3. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  4. C60MC12
  5. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  6. (R,R)-DIPAMP
  7. Gabriel試薬類縁体
  8. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  2. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  3. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  4. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. 置き去りのアルドール、launch!
  6. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis
  7. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  8. スイスでポスドクはいかが?
  9. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  10. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP