[スポンサーリンク]


2016年 11月

  1. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~

    先日よりネット上で話題となっているGoogle翻訳。機械学習の導入により、その飛躍的な精度向上が達成されました。今回のアップデートにより、かつて想像すらできなかった用途も見えてきたように思えます。今回の記事は、「化学者視点から新Go…

  2. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

    2009年に報告されたトシルヒゾラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応。その応用展開として、今回、…

  3. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  4. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる

    酸素官能基や窒素官能基が高度に密集した化合物の合成には、通常の有機合成とは一線を画した難易度がありま…

  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  6. 真空ポンプ

  7. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

  8. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  9. Heterocyclic Chemistry

  10. 電子学術情報の利活用

  11. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

  12. 真空ポンプはなぜ壊れる?

  13. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  14. 化学系学生のための企業合同説明会

  15. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

  16. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜
  2. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?
  3. π-アリルイリジウムに新たな光を
  4. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  5. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  6. お”カネ”持ちな会社たちー2
  7. 感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP