[スポンサーリンク]


2016年 11月

  1. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~

    先日よりネット上で話題となっているGoogle翻訳。機械学習の導入により、その飛躍的な精度向上が達成されました。今回のアップデートにより、かつて想像すらできなかった用途も見えてきたように思えます。今回の記事は、「化学者視点から新Go…

  2. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開

    2009年に報告されたトシルヒゾラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応。その応用展開として、今回、…

  3. 塩化ラジウム223

    塩化ラジウム223(Radium-223 chloride)は、ラジウム223の塩化物でα崩壊を起こ…

  4. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる

    酸素官能基や窒素官能基が高度に密集した化合物の合成には、通常の有機合成とは一線を画した難易度がありま…

  5. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

    水添反応でお馴染みのパラジウムカーボン(Pd/C)。研究者は普段何気なく使っているものですが、意外に…

  6. 真空ポンプ

  7. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

  8. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  9. Heterocyclic Chemistry

  10. 電子学術情報の利活用

  11. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製

  12. 真空ポンプはなぜ壊れる?

  13. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法

  14. 化学系学生のための企業合同説明会

  15. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 1

  16. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学部をもっと増やそうよ
  2. 単一分子の電界発光の機構を解明
  3. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~
  4. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  5. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  6. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー
  7. フラッシュ精製装置「バイオタージSelect」を試してみた

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP