[スポンサーリンク]

ケムステニュース

秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

 

秋田県の金足農業高校の女子高生たちがやってくれました!

厄介者のヤマビルを追い払う忌避剤、名付けて”ダウンヒル”で特許を取得したというニュースが飛び込んできました。

 

 

ハイキングや農作業の途中に、衣類の隙間から入り込み、人の血を吸う「ヤマビル」。茂みや岩の下などいたるところに潜み、被害は、首都圏の山中にも広がっている。温度に敏感なヤマビルの特性を生かした「忌避剤」を金足農業高校(秋田市)の女子生徒らが開発し、特許が認められた。

生徒らと一緒に開発した、同校の元理科担当教師、田中大介さん(37)=現、大学共同利用機関法人自然科学研究機構、基礎生物学研究所助教=は「春になり、レジャーで山に入る機会が増える。有効な対策になると思う」と話している。特許が認められたのは先月29日で、今後、生産や販売方法などを検討する。

ヤマビルは動物の血を吸って繁殖。ミミズの仲間で体長は1・5~8センチ。田んぼにいる「ヒル」と違い、山間部に生息する。一度、吸われると、しばらく血が止まらない。エサを求めて里山に現れるようになったシカなどにくっついて移動し、人が出入りする里山にも増えてきた。

同校は2009年から忌避剤の研究を続けている。きっかけは、女子生徒が、地元の農家のヤマビル被害で農業を辞める人もいると授業で聞いたことだった。当時の生徒の一人は「農業高校の生徒として被害がたくさん出ていることを知り、ショックだった」。

 

朝日DIGITALより引用

 

先日は大分の高校生が特許を取得したというニュースをお伝えしましたが、今度は秋田立県金足農業高校の女子高生のみなさんの研究成果が特許として認められました。

 

彼女達が取り組んだのは“ヤマビル”です。いつの間にか体にくっついていて血を吸う厄介な生物です。吸血量はそれほどでもありませんが、ヒルジンというポリペプチドを唾液から分泌しており、このヒルジンは血液の凝固に関わるセリンプロテアーゼのトロンビンを阻害することによって出血が止まりにくくなってしまいます。
hiru1.png

 

細い線の化合物がヒルジン、大きなタンパク質がトロンビンWikipediaより引用

 

一般にヤマビルの忌避剤は市販されており、主にDEET (N,N-diethyl-3-methylbenzamide)を成分としたものがあります。

DEET.png

DEETの構造

今回金足農業高校の教員であった田中先生と、当時の学生であった上村わこさん、加藤愛咲さん、伊藤絵梨さんらが開発したのは、比較的身近にある物質を利用した忌避剤になります。特許[1]を拝見したところ、成分としてはサリチル酸2−ヒドロキシエチルバニリンもしくはL-メントールを混合したものがよい忌避率を示したことが記載されています。

 

repel.png

左からサリチル酸2−ヒドロキシエチル、バニリン、L-メントール

実験としては、ヤマビルを捕まえてきて、化合物をアッセイして忌避率の高い物を選抜していくという農薬(医薬品)の開発手順そのものです。比較的単純な化合物がヒットしたというのは彼女達の幸運のなせる技かもしれません。

製品がヤマビル被害で悩んでいる方々の役に立つといいですね。メンバーのうちの数人は秋田県立大学に進学されたようですので、これからの活躍にも期待しております。

 

関連文献

[1] 特開2012-097061

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  2. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  3. 2007年秋の褒章
  4. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  5. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  6. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  7. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12…
  8. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  2. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  3. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  4. 乾燥剤の脱水能は?
  5. DAST類縁体
  6. 研究者へのインタビュー
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  8. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  9. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  10. 極性表面積 polar surface area

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP