[スポンサーリンク]

ケムステニュース

秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

[スポンサーリンク]

 

秋田県の金足農業高校の女子高生たちがやってくれました!

厄介者のヤマビルを追い払う忌避剤、名付けて”ダウンヒル”で特許を取得したというニュースが飛び込んできました。

 

 

ハイキングや農作業の途中に、衣類の隙間から入り込み、人の血を吸う「ヤマビル」。茂みや岩の下などいたるところに潜み、被害は、首都圏の山中にも広がっている。温度に敏感なヤマビルの特性を生かした「忌避剤」を金足農業高校(秋田市)の女子生徒らが開発し、特許が認められた。

生徒らと一緒に開発した、同校の元理科担当教師、田中大介さん(37)=現、大学共同利用機関法人自然科学研究機構、基礎生物学研究所助教=は「春になり、レジャーで山に入る機会が増える。有効な対策になると思う」と話している。特許が認められたのは先月29日で、今後、生産や販売方法などを検討する。

ヤマビルは動物の血を吸って繁殖。ミミズの仲間で体長は1・5~8センチ。田んぼにいる「ヒル」と違い、山間部に生息する。一度、吸われると、しばらく血が止まらない。エサを求めて里山に現れるようになったシカなどにくっついて移動し、人が出入りする里山にも増えてきた。

同校は2009年から忌避剤の研究を続けている。きっかけは、女子生徒が、地元の農家のヤマビル被害で農業を辞める人もいると授業で聞いたことだった。当時の生徒の一人は「農業高校の生徒として被害がたくさん出ていることを知り、ショックだった」。

 

朝日DIGITALより引用

 

先日は大分の高校生が特許を取得したというニュースをお伝えしましたが、今度は秋田立県金足農業高校の女子高生のみなさんの研究成果が特許として認められました。

 

彼女達が取り組んだのは“ヤマビル”です。いつの間にか体にくっついていて血を吸う厄介な生物です。吸血量はそれほどでもありませんが、ヒルジンというポリペプチドを唾液から分泌しており、このヒルジンは血液の凝固に関わるセリンプロテアーゼのトロンビンを阻害することによって出血が止まりにくくなってしまいます。
hiru1.png

 

細い線の化合物がヒルジン、大きなタンパク質がトロンビンWikipediaより引用

 

一般にヤマビルの忌避剤は市販されており、主にDEET (N,N-diethyl-3-methylbenzamide)を成分としたものがあります。

DEET.png

DEETの構造

今回金足農業高校の教員であった田中先生と、当時の学生であった上村わこさん、加藤愛咲さん、伊藤絵梨さんらが開発したのは、比較的身近にある物質を利用した忌避剤になります。特許[1]を拝見したところ、成分としてはサリチル酸2−ヒドロキシエチルバニリンもしくはL-メントールを混合したものがよい忌避率を示したことが記載されています。

 

repel.png

左からサリチル酸2−ヒドロキシエチル、バニリン、L-メントール

実験としては、ヤマビルを捕まえてきて、化合物をアッセイして忌避率の高い物を選抜していくという農薬(医薬品)の開発手順そのものです。比較的単純な化合物がヒットしたというのは彼女達の幸運のなせる技かもしれません。

製品がヤマビル被害で悩んでいる方々の役に立つといいですね。メンバーのうちの数人は秋田県立大学に進学されたようですので、これからの活躍にも期待しております。

 

関連文献

[1] 特開2012-097061

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  2. 医薬品の黄金世代到来?
  3. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  4. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  5. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  6. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  7. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  8. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016年化学10大ニュース
  2. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  3. ベーシック反応工学
  4. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  5. アロタケタールの全合成
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  8. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成
  9. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  10. ケムステイブニングミキサー2016を終えて

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP