[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケミストリー四方山話-Part I

[スポンサーリンク]

あまりにも話題が多すぎて1つの記事として紹介している時間も最近有りません。そこで、最近の化学の話題を四方山話として紹介いたします。伊勢や日向の物語となってしまいますがご勘弁を。

現代化学「院試で学ぶ有機化学の基礎」連載開始!

gendaikagaku.png
現代化学にて2011年4月号から「院試で学ぶ有機化学の基礎」というタイトルで連載を開始しました。東京大学大学院薬学研究科の生長幸之助助教との交互連載で院試から面白い問題を選び、それをバックグラウンドにある面白いストーリーと交えて解説いたします。有機化学に興味を持ち、深く背景まで学んで欲しいという趣旨です。いいかげん、最近手が回らなくなって睡眠時間もゼロに近づく一方ですが、化学の面白さを伝えるのは大学教員の本望ですので頑張りたいと思います。ぜひ一読を!

世界中の学生と化学情報について情報交換!

sciFinderacademicex.png
SciFinder の提供元である CAS が世界中の情報検索に興味のある大学院生を対象とした,情報交換プログラムを開催するようです。その名も、
SciFinder Academic Exchange Program (SAEP)
この内容がまた素晴らしい
  1. 皆さんご存知のCASに訪問して、世界中の研究者たちとコミュニケーションできる
  2. 渡航費、すべての諸費、なんと食費までタダ
  3. その後すぐに行われるACSmeetingにも参加できる(これもタダ!)
  4. さらに準備金として1000ドルのお小遣いも
どうやら、参加資格を得るためには化学情報検索の経験や興味ある点について英語でエッセイをまとめなけらばならないようですが、筆者が学生ならば絶対に応募しますね。ACS参加したいですし、こんな好条件はなかなかありません。昔に比べてよいプログラムが走るようになったなあとつくづく思います。締切は4月15日まで!詳細はこちら

震災で被災された研究者のために

 もうひとつScifinderに関する情報ですが、化学情報協会では震災で震災で被災された東北地方の大学でSciFinderを ご利用の方に対して,大学以外からアクセスができるように対応をしているらしいです。
ユーザー ID, パスワードをお持ちの方であれば,学内以外からでもアクセスできるような対応をしていると。東北大学などでは既に行っているらしいです。こんな状況で研究ではない、あっても仕方がないのかもしれません。それはつくづく承知の上ですが、実験が出来ない以上文献検索と次のアイデアを練るのもひとつの方法であると思います。
 ちなみに震災関連で研究者だけにではないですが、化学同人さんが、震災および原発事故関連書籍ページ無料公開を行っています。

えれめんトランプAmazonでも発売予約受付中!

えれめんトランプ
前回紹介したえれめんトランプ
がAmazonにて予約受付を開始しました。実際に手に入れることができるのは発売日である4月5日らしいです。なかなか面白いので興味を持った方はぜひご予約ください。

日本化学会会長選がアツい!

 今年は日本化学会の年会が中止となり、なんだかしっくりこないと思われている方は多いと思います。とはいっても来年度は始まるわけですから、研究者の皆様は忙しくすごされていることと思います。ところで、日本化学会からメールを受け取っている会員はもちろんご存知だと思いますが、現在、次期の日本化学会会長選が行われていますね。これが、なかなか特に有機化学が専門の会員にはアツイ選挙となっております。なぜかというと候補者がすべて有機化学からで、玉尾皓平上村大輔山本嘉則と素晴らしい研究者が候補者であるからです(そんなの会長選だからあたりまえかもしれませんが)。候補者の履歴はこちらでみることができます。
言うまでにもありませんが、玉尾先生は熊田ー玉緒ーCoriiuカップリング玉尾酸化で有名で、今年のノーベル賞の最受賞候補でもあった先生です。
また、上村先生は今年米国で複雑天然物待望の医薬品となったエリブリンのリード化合物であるハリコンドリンBや超天然毒であるパリトキシンの単離者として有名です。来年度から現在の慶応大学から神奈川大学へ移動します。
山本先生も卓越した反応開発者であり現在大学の副学長など様々な役職を兼任して東北大学を引っ張っています。
予想としては、人望があり、今年で研究室を閉める玉尾先生が有望ですが、大器である上村先生、研究者としてだけでなく人を引き付ける能力もある山本先生も捨て切れませんね。どうなるかこうご期待!そして、選挙投票資格のある方はぜひ投票を!締切は4月10日です
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン
  2. 穴の空いた液体
  3. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  4. Carl Boschの人生 その1
  5. 【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に…
  6. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  7. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開…
  8. 最後に残ったストリゴラクトン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー6
  2. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  4. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  5. 福井 謙一 Kenichi Fukui
  6. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  7. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson
  8. クレイグ・クルーズ Craig M. Crews
  9. DOIって何?
  10. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP