[スポンサーリンク]

H

ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

概要

ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジン(Diethyl 1,4-dihydro-2,6-dimethyl-3,5-pyridinedicarboxylate)は、俗にHantzsch Esterと呼称される。

有機触媒・光レドックス触媒などを用いる還元反応に適した水素移動源として用いることができる。生体内還元剤であるNADHの活性構造を有するため、そのモデル化合物としても捉えられている。

hantzsch_ester_red_1

基本文献

  • Norcross, B. E., Klinedinst, Jr., P. E., Westheimer, F. H. J. Am. Chem. Soc. 1962, 84, 797. DOI: 10.1021/ja00864a024
  • Singh, S.; Sharma, V. K.; Gill, S.; Sahota, R. I. K. J. Chem. Soc. Perkin Trans. 1. 1985, 437. DOI: 10.1039/P19850000437
<review>

反応例

MacMillanイミニウム有機触媒によるα,β不飽和アルデヒドの不斉共役還元[1]

hantzsch_ester_red_2

アミドのメタルフリー選択的還元[2]

hantzsch_ester_red_4

寺田-秋山リン酸触媒によるキノリン不斉還元[3]

hantzsch_ester_red_6

参考文献

  1. Ouellet, S. G.; Tuttle, J. B.; MacMillan, D. W. C. J. Am. Chem. Soc. 2005, 128, 32. DOI: 10.1021/ja043834g
  2. (a) Barbe, G.; Charette, A. B. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 18. DOI: 10.1021/ja077463q (b) Improvement with Et3SiH: Pelletier, G.; Bechara, W. S.; Charette, A. B. J. Am. Chem. Soc. 2010, 132, 12817. DOI: 10.1021/ja105194s
  3. Rueping, M.; Theissmann, T. Chem. Sci. 2010, 1, 473. DOI: 10.1039/C0SC00206B

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  2. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  3. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  4. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic …
  5. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …
  6. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  7. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  8. モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process f…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)
  2. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  3. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  4. ピラーアレーン
  5. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  6. 化学者に役立つWord辞書
  7. 中学入試における化学を調べてみた
  8. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  9. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

君はPHOZONを知っているか?

唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart I…

ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

科学のオープン化推進の試みが各国で進められており、日本でも研究成果を基本的に全面公開しようとする動き…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP