[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

小林 修 Shu Kobayashi

小林修 (こばやし しゅう、1959年xx月xx日-)は、日本の有機化学者である(写真:ERATO)。東京大学大学院理学系研究科教授。

経歴

1983 東京大学理学部化学科 卒業
1985 東京大学大学院理学系研究科 修士課程修了
1987 東京大学大学院理学研究科 博士課程中退
1987 東京理科大学理学部応用化学科 助手
1988 理学博士
1991 東京理科大学理学部応用化学科 講師
1992 東京理科大学理学部応用化学科 助教授
1998 東京大学大学院薬学系研究科 教授
2007 東京大学大学院理学系研究科 教授

200x年よりERATOプロジェクト「小林高機能性反応場」研究代表者 を兼任

 

受賞歴

1991 日本化学会進歩賞
1997 Springer Award in Organometallic Chemistry
2001 IBM科学賞
2002 名古屋シルバーメダル
2005 三井化学触媒科学賞
200x 日本学術振興会賞
2006 Arthur C. Cope Scholar Awards
200X Howard Memorial Lecturer賞

 

研究概要

水を溶媒とした有機合成

水中でも安定なルイス酸触媒を開発。ルイス酸は水と反応して失火津するという既存の常識を覆した。

水中でも進行する触媒的不斉合成法の開発など、この分野において革新的な業績を多く上げている。

新規高分子固定化触媒の開発

マイクロカプセル化法・カルセランド型化合物形成による、高分子化合物への触媒担持を行い、有機合成用触媒の改良に努めている。

固定化触媒を用いた医薬品のフロー合成[1]

2015年不均一触媒型カラムだけを用いた連続フロー法による医薬有効成分rolipramの不斉合成を報告しています(関連記事:フロー法で医薬品を精密合成)。

 

コメント&その他

 

関連文献

  1. Tsubogo, T.; Oyamada, H.;Kobayashi, S. Nature520, 329–332 DOI:10.1038/nature14343

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 原田 明 Akira Harada
  2. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. ヨン・ピエール Jorn Piel
  5. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  6. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  7. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  8. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative Thin-Layer Chromatography)
  2. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  3. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. 菌・カビを知る・防ぐ60の知恵―プロ直伝 防菌・防カビの新常識
  6. 化学系企業の採用活動 ~現場の研究員視点で見ると~
  7. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  8. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売
  9. 地域の光る化学企業たち-1
  10. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP