[スポンサーリンク]


2017年 10月

  1. ボールペンなどのグリップのはなし

    Tshozoです。皆様よくお使いのこれのグリップ、ようやく手に馴染んで気に入ってきたと思ったらネタネタする時ありませんでしょうか。ネタネタしつつあるのは下側のグリップのほう上側は嫌になってグリップを外したほう以前から…

  2. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  3. 道修町ミュージアムストリート

    道修町ミュージアムストリートは大阪府大阪市にある医薬品に関する資料館が点在する通り。道修町通りの堺筋…

  4. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」

    大学院で身につけるべき力って何でしょう?研究遂行力、専門知識、プレゼン力、実験テクニ…

  5. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ

    皆様はベンゼン環、綺麗に描けますでしょうか?なめるな、描けるに決まっているじゃないかと言…

  6. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  7. 可視光によるC–Sクロスカップリング

  8. 元素手帳 2018

  9. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

  10. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

  11. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

  12. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

  13. リチウムイオン電池の課題のはなし-1

  14. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

  15. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

  16. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  2. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  3. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  4. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  5. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  6. 磁性流体アートの世界
  7. 事故を未然に防ごう~確認しておきたい心構えと対策~

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP