[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

[スポンサーリンク]

中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 教授。(写真:中村・布施研究室)

経歴

1991 東北大学理学部化学科 卒業
1993 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士前期課程 修了
1995 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程 中退
1995 東北大学大学院理学研究科化学専攻 助手
1995 九州大学有機化学基礎研究センター 助手
1996 博士(理学)取得 (東北大学)
1997 東北大学大学院理学研究科化学専攻 助手
2000 文部省在外派遣研究員(D.P.Curran教授)
2002 学習院大学理学部化学科 助教授
2006 学習院大学理学部化学科 教授
2008 学習院大学大学院自然科学研究科生命科学専攻教授(兼任)
2013 東京工業大学資源化学研究所 教授
2015~ 日本中性子捕捉療法学会 会長

受賞歴

1999 日本化学会進歩賞
2007 がん分子標的治療学会奨励賞

研究概要

ホウ素中性子捕捉療法における新しいナノキャリアの開発

低エネルギー中性子をホウ素が捕捉し、α線を発生させてまわりのがん細胞を破壊するホウ素中性子捕捉治療法において、がん細胞への集積度を高めるべくホウ素ナノキャリアの開発に取り組んでいる。

研究室HPより引用

 

ラジカル反応制御をを基盤とするタンパク質修飾法の開発

ラジカル種の短寿命性に着目し、局所的にラジカルを発生させることで分子夾雑系における標的選択的なタンパク質ラベル化法を開発している。特にチロシン残基を標的とする方法は独自性の高い成果である。

研究室HPより引用

関連文献

  1. “Boron-Based Drug Design” Ban, H. S.; Nakamura, H. Chem. Rec. 2015, 15, 616. DOI: 10.1002/tcr.201402100
  2. “Ligand-directed Selective Protein Modification Based on Local Single Electron Transfer Catalysis” Sato, S.; Nakamura, H. Angew. Chem. Int. Ed. 2013, 52, 8681. DOI: 10.1002/anie.201303831
  3. “Tyrosine-Specific Chemical Modification with in Situ Hemin-Activated Luminol Derivatives” Sato, S.; Nakamura, K.; Nakamura, H. ACS Chem. Biol. 2015, 10, 2633. DOI: 10.1021/acschembio.5b00440
  4. “Horseradish-Peroxidase-Catalyzed Tyrosine Click Reaction” Sato, S.; Nakamura, K.; Nakamura, H. ChemBioChem 2017, 18, 475. DOI: 10.1002/cbic.201600649

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  2. グラーメ・モード Graeme Moad
  3. トム・マイモニ Thomas J. Maimone
  4. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai
  5. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  6. 野依 良治 Ryoji Noyori
  7. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  8. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  2. MIT、空気中から低濃度の二酸化炭素を除去できる新手法を開発
  3. PACIFICHEM2010に参加してきました!④
  4. 論文執筆ABC
  5. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  6. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授
  7. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授
  8. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  9. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  10. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP