[スポンサーリンク]


2018年 1月

  1. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

    有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機合成化学に関する話題が日本語で読むことができる、今日ではかなり貴重な雑誌です。とってもよい総合論文・総説が多いので有機合成化学協会と…

  2. 固体NMR

    固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

  3. NMRの基礎知識【測定・解析編】

    本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

  4. 「人工知能時代」と人間の仕事

    デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

  5. 特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

    第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

  6. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

  7. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

  8. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  9. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

  10. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

  11. 「関東化学」ってどんな会社?

  12. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

  13. 池袋PARCOで「におい展」開催

  14. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

  15. NMRの基礎知識【原理編】

  16. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  2. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  3. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  4. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  5. 2010年イグノーベル賞決定!
  6. ギルバート・ストーク Gilbert Stork
  7. 続・企業の研究を通して感じたこと

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP