[スポンサーリンク]

一般的な話題

スクショの友 Snagit

[スポンサーリンク]

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機能です。スクショ自体はキーボード操作か各OSにプリインストールされているソフトから実行できますが、スクショをより便利にするソフトも販売されています。今回は多彩な機能を持つスクショソフト、Snagitを紹介します。

購入の背景

このSnagitを購入した理由は、友人が使用していて便利そうに見えたからです。もちろん各OSの進化の中でスクショの機能も進化してきており、Windowsに関してはPrintScreenの全画面キャプチャから始まり、Windows Vistaで任意の範囲をキャプチャするSnipping toolが標準搭載され、Windows 10には切り取り&スケッチが標準搭載されました。

そんな中、Snagitを始めて見た時は、スクショを撮ろうとすると範囲を決めやすい拡大鏡が出てきて、撮った画像に対してきれいにハイライトできることに感動し即購入を決めました。

便利な機能

以下、Windowsの標準機能、切り取り&スケッチとの比較でSnagitの便利な点を紹介します。他のキャプチャソフトは調べておらず、同等の機能を持つフリーソフトも配布されているかもしれません。

(以下、Snagitのデモとしてモニターの画面をスマホで撮影した写真を掲載しています。これはスクショの様子をスクショできなかったためです。多少画像が乱れていますがご容赦ください。)

  • クロスラインと拡大鏡が出てくる

細かいところをキャプチャする場合、余計な物が入ってしまい、撮り直したり別ソフトで切り取らなくてはならないときがありますが、Snagitでは、拡大鏡とクロスラインの”照準器”が出てきてきれいに切り取ることができます。

  • 自動でウィンドウやタブを検出

上記にも関連しますが、タブやウィンドウをきっちりキャプチャするのは細かい作業が必要になります。しかしSnagitでは自動でウィンドウやタブの端を検出しワンクリックで撮影できます。

スクショの瞬間。黄色いクロスラインと拡大鏡が表示されている。また点線でChromeのページの端を認識しており、ワンクリックでページ全体を、ドラッグで任意の範囲をスクショできる。

多彩な撮影設定、このランチャーを使わなくてもプリントスクリーンキーで上記の照準画面に切り替わる。

  • 撮り溜めが可能

切り取り&スケッチ内には過去のデータを保存する機能はなく、一枚一枚、コピーや保存をする必要があります。切り取り&スケッチからは自動でファイル名が付与されるようになりましたが、連続でスクショを撮る場合には少し面倒です。Snagitでは画像は自動的に保存されEditorのライブラリーで過去の撮影が確認できるため、一枚一枚の保存操作は必要ありません。撮影後の一括コピーや保存も可能です。

エディット画面。下部にスクショが新しい順にプールされる。

  • スマートな強調

スクショの一部を蛍光ペンで強調してメールなどで送ることがありますが、切り取り&スケッチのペン機能はフリーハンドのみであり、きれいに強調することが難しいです。書類やスライドの間違いの指摘におけるフリーハンドの強調は、悪気はなくても雑に見えてしまい、それを受け取ると正直いい気分にはなりません。一方、Snagitは撮影した画像の編集機能が充実しており、蛍光ペンで四角で囲むほかパワポに匹敵するほどの図形やテキストの編集機能を有しています。

蛍光ペンで文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑯:骨を強調した例 、フリーハンドではなく範囲指定で強調できるので複数行でもきれいに強調できる。

蛍光ペン以外にも多彩な機能がある。

マニュアル作成に便利な番号を自動的に振るアイコンも搭載。

画像全体に効果を付けることも可能

このEditor画面は、スクショを撮影する際には自動的に隠れてくれるため、撮影の邪魔にはならないこともこのソフトも便利な点です。

  • ビデオも撮影できる

画面をビデオとして連続的に撮影できます。スクショ同様に撮影場所の指定や、撮影後の切り取りなど最低限の動画編集機能も備わっています。

ビデオのキャプチャモード、画像同様に範囲指定も可能。

欠点

欠点の一つとして挙げられるのが値段で、公式オンラインストアで9110円、アマゾンで5980円(7月27日現在)です。そのためスクショという機能単体に5千円以上かける価値があるかは、使用頻度次第だと思います。

注意点

スクショに対する注意点となりますが、何でもスクショを貼り付けて資料を作ると後々不便になることがあります。例えばスライドに表をコピペして体裁を整えるのは大変で、スクショで済ませたくなりますが、画像データである以上、数字や文字のコピペができなくなります。そのため後で自分自身や他の人が参照する資料は、スクショではなく文字や数字の形式でデータを掲載すべきだと思います。構造式も同じで、スクショにするか構造式のデータを埋め込むかは、資料の使われ次第です。当然ですがオンラインのセミナーや学会のルールによっては録画や録音を禁止しており、そのような場合はスクショで内容を保存してはいけません。

話は反れましたがOS標準のスクショ機能をより高機能化したのがSnagitであり、スライドや資料作成などで役に立つソフトです。

関連商品

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 金触媒で変身できるEpoc保護基の開発
  2. 有機合成化学協会誌2020年3月号:電子欠損性ホウ素化合物・不斉…
  3. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…
  4. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  5. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  6. 分析技術ーChemical Times特集より
  7. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」
  8. 技術セミナー参加体験談(Web開催)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 食中毒と衛生管理の重要性ーChemical Times特集より
  2. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授
  3. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  4. ヘリウム (helium; He)
  5. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?
  6. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  7. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】
  9. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  10. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP