[スポンサーリンク]


2018年 1月

  1. 分析技術ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。今年で本記事紹介も3年目に突入しました。関東化学のホームページもリニューアルされたようなのでこの機会にご覧いただければと思います。…

  2. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  3. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回

    ポスドク及びアカデミアの研究者については、いわゆる民間企業への「就職活動」が初めてという方が少なくあ…

  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)

    本連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのもの…

  5. 今年はキログラムに注目だ!

    遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年も面白い化学について少しでもお伝えできればと思いま…

  6. CSJカレントレビューシリーズ書評

  7. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)

  8. Junfeng Zhao

  9. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

  10. 元素川柳コンテスト募集中!

  11. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える

  12. 化学系ラボでSlackを使ってみた

  13. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

  14. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  2. (–)-Spirochensilide Aの不斉全合成
  3. 研究者へのインタビュー
  4. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  5. 化学者がMidjourneyで遊んでみた
  6. 吉野彰氏がリチウムイオン電池技術の発明・改良で欧州発明家賞にノミネート
  7. 第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP