[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

[スポンサーリンク]

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機合成化学に関する話題が日本語で読むことができる、今日ではかなり貴重な雑誌です。

とってもよい総合論文・総説が多いので有機合成化学協会とコラボレーションして、2017年5月より本誌の内容を紹介しています。

一部無料・また会員の方ならばJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。登録はこちら→ http://bit.ly/2H44q3L 会員番号わからないひとはは茶封筒に記載、もしくはメーラーで「入会の御礼と取り急ぎ会員番号のお知らせ」で検索。

2019年

2018年

2017年

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  2. 化学業界と就職活動
  3. 化学小説まとめ
  4. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  5. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  6. 計算化学記事まとめ
  7. CSJカレントレビューシリーズ書評
  8. 身近なカガクを説明した記事まとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  2. カリオフィレン /caryophyllene
  3. 高峰公園
  4. シス型 ゲラニルゲラニル二リン酸?
  5. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  6. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  7. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!
  8. 僕がケムステスタッフになった三つの理由
  9. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  10. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP