[スポンサーリンク]


2020年 10月

  1. ネイティブスピーカーも納得する技術英語表現

    (さらに…)…

  2. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!

    第11回ケムステVシンポ、化学の中でも一大勢力を占める高分子科学から満を持しての登場です!今…

  3. 自己紹介で差がつく3つのポイント

    自己紹介で何を見られていたのか?ある会社の採用面接の話です。先端技術の開発で注目をされているベン…

  4. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

    はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

  5. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

    第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

  6. コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

  7. (–)-Daphenezomine AとBの全合成

  8. 機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

  9. 粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

  10. 化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編

  11. 三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

  12. 【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

  13. gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法

  14. パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

  15. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

  16. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2016年1月の注目化学書籍
  2. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  3. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  4. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  5. howeverの使い方
  6. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  7. 兄貴達と化学物質

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP