[スポンサーリンク]

ケムステニュース

服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

[スポンサーリンク]

肺炎やのどの炎症の治療に使われる抗生剤「テリスロマイシン」(商品名・ケテック錠)を服用し、一時的に意識を失う例が6件発生し、交通事故を起こしたたケースもあったため、厚労省は重大な副作用として注意を呼びかけた。

この抗生剤の製造元はアベンティスファーマで、昨年12月に販売され、今年5月までに230万人に投与された。

服用した50―80代の男女6人が、服用から数時間後に意識を失い、うち2人が車の運転中に対向車と衝突するなどの交通事故を起こした。(引用: 読売新聞)

 

 

テリスロマイシンは代表的なマクロライド系(大環状化合物のこと)の薬であるエリスロマイシンの類縁体です。このようなマクロライド系の薬は多く、これらに共通してアレルギーや齢方がいるそうです。お薬の服用にはご注意を。

 

ちなみに薬になっている他のマクロライド系抗生物質は、アジスロマイシン、ロキシスロマイシン、ジョサマイシンと多数存在しています。

 

 

関連書籍

 


抗生物質のはなし

 


奇跡の薬―ペニシリンとフレミング神話


抗生物質が効かない

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  2. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  3. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  4. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  5. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  6. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  7. メラノーマ治療薬のリード化合物を発見
  8. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  2. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  3. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  4. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  5. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  6. フロリゲンが花咲かせる新局面
  7. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration
  8. 化学でもフェルミ推定
  9. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  10. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理 ①

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP