[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

[スポンサーリンク]

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の化学科に在籍し(訳注:現在はMicrobiotix社 Director)、化学合成のための万能ツールとしての分子アセンブリラインの開発に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

いつも科学者になりたいと思っていました。取り巻く世界に魅了され、もっと近くで見てみたいといつも思っていました。しかし、それでは質問の答えになっていませんよね?化学こそが自分に向く科学だと初めて感じたのは、高校時代にフランク・カルデュラの指導を受けたときでした。自分が何をしているのかを真に満足いくレベルで詳しく把握できる唯一の科学は化学であると、彼は理解させてくれたのです。生物学は、過去数十年の驚くべき進歩と驚異的なパワーを持っているにもかかわらず、まだまだ謎が多すぎます。物理は理解が深すぎて詳細な方程式が必要となり、科学と自分の間にはあまりにも距離があります。化学は…ああ、化学は、今すぐにでも取りつける科学です。頭の中で分子を思い浮かべられます。分子の流れや動きが予測できます。分子の流れや動きを予測することができ、それらをうまく組み合わせて流れを作ることがでます。化学ほどよいものはないでしょう。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

簡単です。私のことを知っている人なら誰でも推測できると思いますが、パーティーに入ったとき、人を認識する前に犬や猫に挨拶をするのが普通です。もし化学者になれなかったら、獣医になっていたでしょう。病気のペットを健康にして、幸せにしてあげたいです。彼らの痛みが少なくなるような手伝いは身を削ることでしょうが、自分ができる手助けは全てに見合うでしょう。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

現在、私たちの研究室では、複雑な分子合成への応用を長期的目標として、新規合成法の開発に注力しています。その一つが、ピリドキサール-5′-リン酸(PLP)と同様の方法でアミンを活性化するバイオミメティック触媒の開発です。化学者が含窒素化合物の取扱法を劇的に簡素化し、保護基を使わず、化学合成を加速することができる、シンプルで利用しやすい有機触媒のクラスを特定したいと望んでいます。この研究により、含窒素化合物の工業的合成が簡素化され、生物活性天然物の珍しい誘導体へのアクセスが広がることを期待しています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ジョン・ミューアです。 アメリカ大自然の風景探訪に私は多くの時間を費やしてきましたが、美しさにいつも心を打たれてきました。ジョン・ミューアは、私たちが今なお持っている自然の多くを守るため力強く働きかけてくれました。彼には心から感謝しています。彼の野生体験は伝説になるほど素晴らしいものでした。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

おおっと、そんなに昔のことではないです(具体的には言えません。フィアンセがこれを読んでいるかもしれないので・・・)。どんな実験だったかって?少し恥ずかしい答えです・・・。研究室で行った最後の実験は、不調だった反応のフォローアップでした。シンプルなシッフ塩基形成を実行しているとき、予想しない生成物を定量的に得ていました(すぐにでも論文として目に触れるでしょう)。とにかく、最後の実験は反応系のpHを変えたフォローアップであり、それ以上はまったく悪ふざけなしに目的とするシッフ塩基を作ることができました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽アルバム:Charlie Ortman の『New Moon』です。取り残されたとき、最初に恋しくなるのは家族なので。叔父が作ったアルバムは、少なくとも我が家の穏やかさを思い出させてくれるでしょう。

本:ふーむ・・・難しいですね。自分は貪欲な読書家なので、興味を持っていつまでも読み続けられるような本はほとんど思いつきません。ガブリエル・ガルシア=マルケスの『百年の孤独』がいいかもしれません。読んでいるときに迷子になったり、混乱することが多いからです。しかし無人島に取り残されたときには、アルバムの選定以上に慰みになりそうなものが必要でしょうから、十中八九はフランク・ハーバートの『デューン 砂の惑星』にするでしょう。自分の子供時代に強く関わる素晴らしい本です。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

バーモント大学のMatthais Brewerです。正直に言うと彼は良い友人であり、これらの質問に対する彼の答えを見てみたいと思います!さらに、彼のジアゾニウム塩の研究は、古くとも重要な分野に新たな重点を置き、私を長く魅了してきました。

原文:Reactions – Zachery Aron

※このインタビューは2009年7月31日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Stev…
  2. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len…
  3. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教…
  4. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  5. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  6. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准…
  7. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― R…
  8. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis
  2. ケムステ海外研究記 まとめ【地域別/目的別】
  3. 嵩高い非天然α,α-二置換アミノ酸をさらに嵩高くしてみた
  4. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  5. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  7. カラムやって
  8. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?
  9. センター試験を解いてみた
  10. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP