[スポンサーリンク]


2022年 4月

  1. 高い専門性が求められるケミカル業界の専門職でステップアップ。 転職で威力を発揮する「ビジョンマッチング」とは

    職場を変えることで何を求めているのか。そして将来をどう思い描いているのか。専門性の高い業種ほど、採用においてそれを重視する傾向が強い。Spring転職エージェントは、世界で60を超える国と地域で人財サービスを展開するアデコグループの人財紹介…

  2. モビリティ用電池の化学: リチウムイオン二次電池から燃料電池まで(CSJ:44)

    概要電池は社会を支える重要な技術で,その構造にはさまざまある.2019年のノーベル化学賞は,…

  3. 山西芳裕 Yoshihiro Yamanishi

    山西 芳裕(やまにし よしひろ)は日本の科学者である。九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命化学情…

  4. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎

    開催日:2022/05/10  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

  5. 谷池俊明 Toshiaki Taniike

    谷池 俊明(たにいけ としあき)は日本の化学者である。北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科…

  6. 海洋生物の接着メカニズムにヒントを得て超強力な水中接着剤を開発

  7. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  8. 【書評】きちんと単位を書きましょう 国際単位系 (SI) に基づいて

  9. MIを組織内で90日以内に浸透させる3ステップ

  10. 国際化学オリンピック2022日本代表決定/化学グランプリ2022応募始まる

  11. 構造式から選ぶ花粉症のOTC医薬品

  12. 相次ぐ有毒植物による食中毒と放射性物質に関連した事件

  13. 色素・樹脂材料処方設計におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

  14. 男性研究者、育休後の生活を語る。

  15. 求電子的インドール:極性転換を利用したインドールの新たな反応性!

  16. 酸化銅/酸化チタンによる新型コロナウイルスの不活化およびそのメカニズム解明に成功

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  2. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  3. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–
  4. 化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編
  5. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  6. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  7. はてブ週間ランキング第一位を獲得

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP