[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

トム・スタイツ Thomas A. Steitz

[スポンサーリンク]

 

トーマス・アーサー・スタイツ(Thomas Arthur Steitz、1940年8月23日-)は、アメリカの結晶化学者・構造生物学者である。米イェール大学教授。「リボソームの構造解析・機能解明」の業績により、2009年ノーベル化学賞を受賞(写真:nobelprize.org)。

経歴

19xx ローレンスカレッジ 卒業
1966 ハーバード大学 博士号取得
1967-1970 MRC分子生物学研究所 博士研究員
1970 イェール大学

兼任
1986- ハワード・ヒューズ医科研究所
1992-1993 コロラド大学 客員教授

 

受賞歴

2001 Rosenstield Award for Distinguished Work in Basic Medical Research
2001 AAAS Newcomb Cleveland Prize
2006 慶応医科学賞
2007 ガードナー国際賞
2009 ノーベル化学賞

 

研究概要

単結晶X線回折法によるリボソームの構造解析研究

リボソームの50Sサブユニットの構造解明を世界に先駆けて達成する。

 

名言集

 

関連動画

コメント&その他

 

関連文献

[1] Ban, N.; Nissen, P.; Hansen, J.; Moore, P.; Steitz, T. Science 2000, 289, 905. doi:10.1126/science.289.5481.905

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  2. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony …
  3. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  4. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  5. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  6. 吉野 彰 Akira Yoshino
  7. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  8. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  2. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  3. 計算化学:DFTって何? PartIII
  4. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  5. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018
  6. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification
  7. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  8. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  9. クロスカップリング反応 cross coupling reaction
  10. 最期の病:悪液質

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP