[スポンサーリンク]

キャンペーン

第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

[スポンサーリンク]

今年もやってきました、1年に1度化学者があつまる日本化学会年会。今年は日本大学船橋キャンパスで行われます。年会を盛り上げるために2011年より付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画してきました。

もちろん今年も行います!

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。第一弾は化学情報協会化学同人およびシュプリンガー・ジャパン様です。

第二弾第三弾も御覧ください!

 

化学情報協会の付設展示会

化学情報協会 は日本化学会第95回春季年会付設展示会にて研究者に必須の情報検索ツールSciFinder をご紹介します。

 

最近、「ChemBioDraw から構造式をコピペできない!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな方に朗報です、ChemBioDraw で作図した化学構造式から SciFinder を直接検索 できるよう、CASPerkinElmer 社が開発しました。

また、ChemBioDraw から直接検索できない方には、構造式を簡単に SciFinder に読み込ませる方法をご紹介します。ぜひ弊協会ブースにてお試しください。日頃の疑問・要望も大歓迎です!

 

ケムステ読者特典

化学情報協会のブースにて「ケムステを見た!」とささやいてください。

そしてSciFinder についてコメントを伝えていただくと毎日先着30名の方に各種グッズを差し上げます。

 

  • 研究室や旅行先で楽しいミュージックを奏でる SciFinder スマホ用音量拡大器
  • 実験のお供として SciFinder ノート
  • 研究の暇つぶしに SciFinder 元素積み木

2015-03-16_05-07-57

 

SciFinderを使っていない方は「SciFinder を使ってみたい!」のコメントでも大丈夫です(ブースにてデモをご覧いただけます)。

3日間で90の方に素敵なグッズが当たります。 ぜひ化学情報協会のブースにお立ち寄りください!

 

化学同人の付設展示会

 

日本化学会第95春季年会付設展示会(3月26日〜28日)の化学同人ブースでは,『ブルース有機化学 (第7版) 』などのおなじみの教科書から最新刊『元素生活(文庫版)』『理系のための文章術入門』や日本化学会編集のCSJカレントレビューシリーズまでを,15~20%OFFで購入できます.

注目書籍はこちら!

 

ケムステ読者特典

 

書籍等の購入時に「ケムステを見た!」と申し出てください.大好評元素生活クリアファイル1枚をもれなく差し上げます.(色はこちらで選ばせていただきます)

2015-03-16_05-16-07

ぜひ化学同人のブースにお立ち寄りください!

 

シュプリンガー・ジャパンの付設展示会

はずれなし!くじを引いてシュプリンガーの書籍やAmazonギフト券を当てよう!

 シュプリンガーの展示会場でスタッフに「ケムステを見た」とささやいてください。

お一人様1回、はずれなしのくじ引きができます!

 

一等: ノーベル賞記念賞

2014年にノーベル化学賞を受賞されたシュテファン・ヘル先生が編集されている新刊、

Far-Field Optical Nanoscopy2名様に進呈

本書では超解像度蛍光顕微鏡およびナノスケール顕微鏡分野の発展を概説。11章にわたり、様々なナノスケール顕微鏡のアプローチ、種々のラベリング技術、具体的応用例について詳述。

蛍光ナノスケール顕微鏡に適した蛍光タンパク質や有機染料によってなしえた進歩とともに、最もよく知られたナノスケール顕微鏡技術であるSTEDおよび(f)PALM/STORMの原理と応用例を網羅する。さらに、特に光スイッチング能の改良に向けた蛍光標識の光物理学を明らかにする。また、細胞における作用力や定量的細胞内イメージングを決定するための分子の追跡やカウント、ナノスケールでの化学反応中心のマッピング等、重要な応用例も考察。2014年のノーベル化学賞を受賞したシュテファン・ヘル氏が共編者となり、読者にこの分野での最新の進展を示す。

 

二等:ベストセラー賞

Jack Jie Liの著名な人名反応本、Name Reactionsの第5(2014)2名様に進呈

5版では新たに27個の人名反応を追加し、近年の有機化学の進歩を反映。前版同様、各反応は段階的に詳細な電子押し出し機構によって詳述し、総説のなかから原著論文と最新の参考文献で補足した。

多くの合成例を追記することで、本書は専門課程の大学生や大学院生にとっては必携の書であり、産業界や学界における有機化学者にとっては優れた参考資料である。有機化学における人名反応に関する他の書籍とは異なり、反応機序に着目。現代の人名反応とともに、古典的な人名反応を含め、計320個以上を網羅する。

 

三等:Amazonギフト券  500円 10名様

 

上記の賞にもれた方にもシュプリンガーオリジナルグッズをプレゼント!

シュプリンガーのブースでお待ちしています。

 

以上まずは3社のコラボキャンペーンを紹介しました!Part IIに続きます!

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 鉄触媒を用いたテトラゾロピリジンのC(sp3)–Hアミノ化反応
  2. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  3. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成
  4. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  5. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  6. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  7. 「日産化学」ってどんな会社?
  8. 化学者に役立つWord辞書

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  2. ルーシェ還元 Luche Reduction
  3. 有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン
  4. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  5. 2009年イグノーベル賞決定!
  6. 笑う化学には福来たる
  7. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  8. ブラックマネーに御用心
  9. ヨン・ピエール Jorn Piel
  10. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP