[スポンサーリンク]

archives

創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)

[スポンサーリンク]

東京都主催の創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラムである「Blockbuster TOKYO」では、研究者やベンチャー創業者等を対象に、無料で参加して頂けるセミナーを開催しています。医薬品・創薬・分析・診断分野を始めとした研究開発に携われている方の参加を歓迎します!

今回の研修セミナーでは、製薬企業の技術を活用したベンチャーを複数回創業し、グローバルに活躍されているDNAパートナーズ合同会社 長久厚氏をお招きして、スピンアウトベンチャー創業の実体験と、グローバルでの創薬研究開発・事業展開について語って頂きます。めったに聞くことのできない生の声ですので

「研究成果を社会実装したい大学研究者の方」
「スピンアウトベンチャーを目指そうとされている企業研究者の方」
「創薬・医療系ベンチャーを既に起業されている方」

等、多くの皆様にご参加いただければ幸いです。
また、当日は製薬企業からスピンアウトして創薬系ベンチャーの株式会社アークメディスンを今年2月に創業された田中圭悟氏から、昨年度のBlockbuster TOKYOに参加した体験談について語っていただきます。
創薬・医療系ベンチャーを志す全ての皆様と支援に関心のある方にはオープンなセミナーです。奮ってご来場ください!

※ 当日はライブ中継も予定しております。ご都合の合わない方も是非ご参加下さい!

開催概要

【主催】

主催:東京都

運営:Beyond Next Ventures株式会社

【開催日時】
2019年6月21日(金) 17:00~20:00 (16:30 受付開始、19:00~ネットワーキング)

【参加費】
無料(ネットワーキング参加費2,000円)

【会場】
日本橋ライフサイエンスビル201
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町2-3-11

当日のプログラム

16:30~17:00 受付
17:00~17:10 挨拶とBlockbuster TOKYOの概要説明
17:10~18:10 『創薬スピンアウトベンチャーとグローバルでの創薬開発を経て見えてきたもの』
(DNAパートナーズ合同会社 代表社員 長久厚氏)
18:10~18:40 『Blockbuster TOKYO参加チームの体験弾』
(株式会社アークメディスン 代表取締役 田中圭悟氏)
18:40~18:50 Blockbuster TOKYO 2019の説明
19:00~20:00 ネットワーキング

参加方法

1.以下URLより東京都創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラムBlockbuster TOKYO「研修プログラム」にエントリー(応募詳細はHPをご参照ください。)

https://blockbuster.tokyo/

2.Peatixにてチケット申込み

https://bbtseminar02.peatix.com/view

※営業目的の方及び、ベンチャーキャピタル、インキュベーター等、登壇者・本イベント運営者と同業の方はご参加をお断りする可能性があります事、予めご了承ください。また、取材をご希望の方は、info@blockbuster.tokyoにお問い合わせください。

募集締め切り

2019年6月20日(木)正午まで

登壇者の略歴



長久 厚(ながひさ あつし)氏

DNA パートナーズ合同会社 代表社員

プロフィール:
1956 年 鎌倉に生まれる
1972 年 単身で渡米しオレゴン州ユージン市の高校入学
1979 年 オレゴン州ポートランド リード大学卒業
1984 年 マサチューセッツ工科大学(生化学研究科)博士課程修了、米国ファイザー入社
1987 年 台糖ファイザー株式会社(現ファイザー株式会社)入社
生物科学研究室長を務め、以降、生物科学研究部長、探索研究統括部長を歴任
1999 年 中央研究所長に就任、ハーバードビジネススクールでの企業研修プログラム終了
2000 年 取締役中央研究所長に就任
2005 年 ファイザー株式会社 常務取締役研究開発担当に就任し、同時にファイザーグローバル研究開発(PGRD)のヴァイスプレジデントを兼務
2008 年 ラクオリア創薬株式会社を設立し代表取締役に就任
経済同友会幹事など外部団体の活動にも積極的に関わる
2011 年 創業 3 年でラクオリア創薬株式会社の株式公開 (IPO) を成功に導く
国際的業界専門雑誌「Pharma Executive」の創刊 30 周年記念号*において“世界の製薬業界に変革をもたらした 30 人のひとり”に選出
EOY (Entrepreneur Of The Year) 2011 Japan においてファイナリストに選出
2012 年 ラクオリア創薬株式会社代表取締役を退任
DNA パートナーズ合同会社を設立し代表社員に就任
ラクオリア創薬株式会社、ファウンダー&イノベーションアドバイザー
株式会社 AskAt、共同創業者&パートナー
千葉大学医学部客員教授、現在に至る



田中 圭悟(たなかけいご)氏

株式会社アークメディスン 代表取締役

プロフィール:
1994 東北大学薬学部卒業
1996 東北大学薬学研究科博士課程前期修了
1996 エーザイ株式会社入社
2001 薬学博士 (1999-2001東北大学薬学部研究生)
2006 エーザイ株式会社 主幹研究員
2019 株式会社アークメディスン創業

東北大学で有機合成化学を専攻し、エーザイ株式会社では創薬化学を23年間担当した。日常業務として多様な臨床候補化合物を生み出す傍ら、2005年から延べ80人以上の研究員の協力を得ながら、新規有機合成反応の開発と創薬応用を主導した。最近では、鈴木宮浦クロスカップリング反応を発展させた研究者として論文紹介されている (Commun. Chem. 2018, Org. Lett. 2011など)。主な研究実績は以下のとおり。
ー 抗体薬物複合体 (Phase 1 ongoing):Mol. Cancer. Ther. 2018
ー 抗真菌剤 (Phase 2 ongoing):Patent (Pat) 2007, Antimicrob. Agents. Chemother. 2011
ー その他臨床候補化合物:Pat 2016, Pat 2014, Pat 2013など
ー 有機合成反応:Pat 2015, Org. Lett. 2012, Chem. Lett. 2010, Pat 2008, Pat 2006など

お問い合わせ先

Blockbuster TOKYO お問い合わせ先
Blockbuster TOKYO 運営事務局(Beyond Next Ventures株式会社内)
E-mail:info@blockbuster.tokyo
https://www.blockbuster.tokyo

*本記事はBeyond Next Ventures株式会社が運営する講座の会告です。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  2. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開
  3. 核酸医薬の物語3「核酸アプタマーとデコイ核酸」
  4. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と
  5. 実験メガネを15種類試してみた
  6. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻…
  7. 誤った科学論文は悪か?
  8. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける
  2. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法
  3. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  4. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  5. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  6. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  7. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月
  8. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  9. 大学発ベンチャー「アンジェスMG」イオン液体使った核酸医薬臨床試験開始
  10. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目情報

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP