[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列

    第186回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室の山内光陽 助教にお願いしました。山内先生は以前にもスポットライトリサーチにご登場頂いており、今回は2回目の掲載になります(参照:光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる)。当…

  2. アメリカで医者にかかる

    アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

  3. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

  4. 酵母菌に小さなソーラーパネル

    Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

  5. タンパクの「進化分子工学」とは

    2018年のノーベル化学賞は、「タンパクの分子進化」という分野の発展に重要な貢献をしたFrances…

  6. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

  7. アメリカの大学院で受ける授業

  8. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  9. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  10. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  11. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  12. 揮発した有機化合物はどこへ?

  13. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  14. 磁力で生体触媒反応を制御する

  15. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  16. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. ペラミビル / Peramivir
  3. 仙台の高校生だって負けてません!
  4. ジアゾカップリング diazocoupling
  5. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  6. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  7. 化学と工業

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

PAGE TOP