[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. タンパクの「進化分子工学」とは

    2018年のノーベル化学賞は、「タンパクの分子進化」という分野の発展に重要な貢献をしたFrances H. Arnold教授、George P. Smith教授、Gregory P. Winter教授の3氏に与えられました(【速報】2018…

  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

    9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

  3. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  4. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  5. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

    カリフォルニア大学バークレー校のTing Xu教授らは、生体外の環境でタンパクを安定化するランダム共…

  6. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  7. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  8. 揮発した有機化合物はどこへ?

  9. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  10. 磁力で生体触媒反応を制御する

  11. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  12. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ

  13. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

  14. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

  15. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

  16. アメリカ大学院留学:TAの仕事

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  2. ボリルヘック反応の開発
  3. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  4. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  5. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. 一重項励起子開裂を利用した世界初の有機EL素子

注目情報

最新記事

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

PAGE TOP