[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

    アメリカの大学院に来て驚いたこと。その一つは、研究室の運営の仕組みが日本とかなり違うことです。特に、アメリカの研究室では、教授と学生の間に助教のような立場の人がいないので、責任の重い仕事を学生間で分担する必要があります。今回は、アメリカの研…

  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカ…

  3. リロイ・フッド Leroy E. Hood

    リロイ・フッド (Leroy E. Hood; 1938年10月10日-)は、アメリカの生物学者であ…

  4. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  5. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  6. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

  7. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  8. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

  9. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  10. CRISPR(クリスパー)

  11. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  12. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

  13. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

  14. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  15. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列

  16. アメリカで医者にかかる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  2. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業
  3. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2
  4. 近況報告PartI
  5. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  6. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  7. NIMSフォーラム 「未来のエネルギーをつむぐ新材料・新物質、ここに集結!」

注目情報

最新記事

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

PAGE TOP