[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers

    マーヴィン・カルザース(Marvin H. Caruthers;1940年2月11日-)は、アメリカの生化学者である。コロラド大学教授。DNAの化学合成法(ホスホロアミダイト法)の開発で知られる(画像:University of Color…

  2. リロイ・フッド Leroy E. Hood

    リロイ・フッド (Leroy E. Hood; 1938年10月10日-)は、アメリカの生物学者であ…

  3. モーテン・メルダル Morten P. Meldal

    モーテン・メルダル(Morten P. Meldal;1954年XX月XX日-)は、デンマークの有機…

  4. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物…

  5. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-)は、ドイツの有機化学者である。…

  6. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

  7. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

  8. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

  9. CRISPR(クリスパー)

  10. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  11. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

  12. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

  13. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  14. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列

  15. アメリカで医者にかかる

  16. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Chem-Station 6周年へ
  2. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待
  3. 窒素固定をめぐって-1
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  5. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  7. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

PAGE TOP