[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 酵母菌に小さなソーラーパネル

    Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持することで、細胞内の代謝反応を光で駆動することに成功しました(トップ画像出展・改変:Wyss Institute at Harvard Unive…

  2. タンパクの「進化分子工学」とは

    2018年のノーベル化学賞は、「タンパクの分子進化」という分野の発展に重要な貢献をしたFrances…

  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

    9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

  4. アメリカの大学院で受ける授業

    アメリカと日本の大学ってどう違う?と聞かれて、私がまず挙げるのが授業の大変さです。今回は、アメリカの…

  5. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  6. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  7. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  8. アメリカ大学院留学:研究室選びの流れ

  9. 揮発した有機化合物はどこへ?

  10. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  11. 磁力で生体触媒反応を制御する

  12. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  13. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ

  14. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

  15. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

  16. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  2. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  3. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  4. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!
  5. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  6. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない
  7. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

注目情報

最新記事

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

PAGE TOP