[スポンサーリンク]

キャンペーン

シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】

[スポンサーリンク]

2015年に独メルクに買収されたシグマアルドリッチですが、いまだに「アルドリッチおじさん」は”解雇”されずに残っているようです。

さて、昨年度末から行われているシグマアルドリッチの器具・消耗品大特価キャンペーンをご存知でしょうか。化学合成品・ガラス器具・分析用製品・実験室の備品まで幅広く割引キャンペーンを行っています。研究費の締めが近づいている現在、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

では折角なんで、少しだけ中身を覗いてみることにします。

イオナイザー

この季節、静電気は大敵ですね。バチッという気分の悪くなる攻撃に加えて、試薬の秤量などで、見えないながら実験を邪魔してくれます。そんな静電気を除去するイオナイザーは冬場の研究環境には必需品です。かなり安価なものからラインナップがありますが、1つはほしいところですね。

製品番号 Z563064-1EA
製品名 PLAS-LABS イオナイザー
帯電方式 イオンパルス方式、パルス速度: 1 ~ 5 パルス / 秒 (5段階に調整可能)
電圧 AC 120 V
寸法 幅 110 mm × 奥行65 mm × 高さ 130 mm
重さ 約900 g
価格 ¥125,700キャンペーン価格:¥92,500

マイクロフォトケミカルリアクター

大流行中の可視光レドックス触媒で今更感はありますが、まだまだ応用はこれからといったところです。アルドリッチは、Tehshik Yoon研究室の協力を得て、可視光応答型反応を簡単に実施できるマイクロフォトケミカルリアクター(ALDKIT001)を発売しています。16バイアルに均一にLED光を照射することができ、スクリーニングや反応条件最適化の効率をアップするそうです。

製品番号 ALDKIT001
製品名 マイクロフォトケミカルリアクター
内容 アルミニウム製サンプルホルダー(直径11 cm)
LEDライトリング青色 435-445 nm、防水(IP68規格)
価格 ¥48,000キャンペーン価格:¥36,000

ニトリル手袋

実験には手袋必須ですね。ゴムのラテックス手袋の方が安いというイメージがありましたが、ものによってはお肌に優しいニトリル手袋の方が安くなる場合もあります。どちらにしても必要なものなので、残予算でまとめ買いしてはいかがでしょうか。

サイズ カタログ番号 希望販売価格 キャンペーン価格
XS Z514462-1PAK ¥4,700 ¥2,900
Z514462-10X1PAK ¥36,700 ¥22,100
S Z514470-1PAK ¥4,700 ¥2,900
Z514470-10X1PAK ¥36,700 ¥22,100
M Z514489-1PAK ¥4,700 ¥2,900
Z514489-10X1PAK ¥36,700 ¥22,100
L Z514497-1PAK ¥4,700 ¥2,900
Z514497-10X1PAK ¥36,700 ¥22,100
XL Z514500-1PAK ¥4,700 ¥2,900
Z514500-10X1PAK ¥36,700 ¥22,100

まだまだあるキャンペーン商品

その他にも、簡易グローブボックス、マニフォールドなどの大きなものからNMRチューブディスポーザブルシリンジなどの小物まで大幅値引きしています。うちの通常割引の方が安いよ!という方もいるかもしれないですが、比較的安くなっていると思いますので、ぜひ御覧ください。

シグマアルドリッチの器具・消耗品大特価キャンペーン

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する
  2. 有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・…
  3. 酵素の真実!?
  4. 第5回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  6. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~
  7. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化…
  8. カンブリア爆発の謎に新展開

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子研オープンキャンパス2023(大学院説明会・体験入学説明会) 参加登録受付中!
  2. アイルランドに行ってきた②
  3. 第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  4. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  5. 再生医療ーChemical Times特集より
  6. sinceの使い方
  7. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」
  8. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより
  9. ほぅ、そうか!ハッとするC(sp3)–Hホウ素化
  10. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP