[スポンサーリンク]

一般的な話題

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

[スポンサーリンク]

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが、PhD課程を通して研究テーマについてはかなり悩みました。特に、初期にやっていたテーマがどうしても好きになれず、研究室を変えようかと迷っていた時期もあります。

今回は前編と後編に分け、学生の誰もが一度は悩む「研究テーマ」について、ちょっと個人的な話を綴ってみようと思います。一般的な話ではないですが、テーマの決定や途中での変更について、悩んでいる人の参考になると嬉しいです。

1. PhD留学 – 最初の研究テーマ決め

アメリカの大学院への進学が決まった後、私は秋の入学に先立ってサマーリサーチをすることにしました。

受け入れ先の教授にコンタクトを取り、開始日を6月に決めた後、疑問に思ったのは「テーマはどんな流れで決めるんだろう?」ということです。教授にメールで聞くと「こっちに来て研究を始める時になったら話そう」ということだったので、とりあえず研究室の過去の論文を読んで勉強しておくことにしました。

現地に着いてから教授にメールをして面談の日程を決め、テーマについて話し合う機会を持ちました。「やる気をアピールするためにも、自分でテーマを提案した方がいいのかな…?」と迷ったものの、学部時代と少し研究分野を変えたため面白いテーマを提案できる自信も無く、とりあえず自分がどういうテーマに興味があるかについてだけでも話せるよう準備しておきました。

教授との面談では、まず「これまでどんな研究をしてきたか、今後どんな研究に興味があるか教えて。」と聞かれました。簡単に説明すると、教授から「こういうテーマはどうかな?」と用意されていたテーマについて説明を受けました。それなりに面白そうだと思った(分野に詳しくないのでその程度の感想しか抱けませんでした;)ので引き受けることにしました。

後になって知ったのは、新入生がいきなり「これをやりたい!」と言って好き勝手なテーマをやらせてもらえることは寧ろラッキーな場合だということです。(あくまで私の研究室の話なので、他の研究室や分野によっては状況が全然違うかもしれませんが)研究室のファンディングや教授の興味、上級生の引き継ぎなどいろんな事情を考慮しつつ、学生側の興味に照らし合わせて教授側からテーマが割り当てられることが多いようです。私がもらったテーマは、ちょうど始まる予定だった大きなグラントのプロジェクトの一部で、教授が担い手を探していたところにちょうど私がラボに加わったので割り当てられた、という事情を後から何となく知りました。

2. テーマが好きになれないと悩む

1学年上の上級生とともに新規テーマを担うことになり、初めのうちは目新しさから楽しく実験を進めていました。今ではroutineのクローニングやタンパク発現も、有機化学系出身の私にはとても面白く感じられました。9月になり大学に正式に入学する頃にはそれなりに結果も出て、プロジェクトは軌道に乗り始めました。

ところが、その頃から「このテーマをPhD課程の5年間やり続けたくはない」という気持ちが芽生えてきました。学部時代に有機低分子を扱う研究をしていた経験から、細胞レベルの研究よりも(マクロ)分子に焦点を置いた研究をやりたいと思ったからです。「何でも楽しい」程度にしか研究を理解していなかった私に、「好き嫌い」ができたのはある意味成長だったかもしれません。

テーマをそれほど気に入っていなくても、研究室の人や雰囲気は良かったので、サマーリサーチからの延長でそのまま研究室に配属することに決めました。正式配属の際に、教授には「できればもう少し化学寄りで、他のメンバーとの共同でない独立のテーマを持ちたい」という気持ちは伝えておきました。「それなら、またディスカッションしよう」という好意的な返事を貰えましたが、1学期は授業やTAに追われ、新しいテーマについて考える余裕も無かったため、とりあえずは現状のテーマを続けることにしました。

そのまま3ヶ月ほど経ち、プロジェクトの方向性が見えなくなってきたため、一度教授と話し合うことにしました。現状のプロジェクトをどこまで完成させれば新しいテーマを始められるのか、明確なゴールを設定するために面談に臨みましたが、現プロジェクトの内容についての話が弾み、結局新しいテーマについての話はできませんでした。(あまり気に入っていないテーマでも、なぜか教授とディスカッションするととても面白いプロジェクトだと感じてしまいます。)そしてまた3ヶ月…。

3. 自分からプロポーザルを出してみる

このままではいけないと思い、もう少し具体的にアクションを起こすことにしました。黙って待っていても教授側からテーマを持ってきてくれることは(当然ながら)無いはずなので、自分からプロポーザルを書いてみることにしました。ちょうど授業の期末課題でプロポーザルが課されたので、それも兼ねて自分がやりたいテーマについてプロポーザルを書きました。新規テーマを始めるためにプロポーザルを書いたと教授に伝えると、とても親身になって読んでもらうことができました。私が研究テーマを変えたいという気持ちもだいぶ理解してもらえたようでした。

プロポーザルを読んだ教授の感想は、「とても面白いアイディアだね!」というポジティブな一言で始まり、私はとても期待しました。ところがその後に続いたのは、アイディアの欠点をつくとてもcriticalな意見でした。教授に見せる前は、自分でも良く書けたと結構自信があったのですが、教授の意見は私にもとても納得のいく鋭い意見でした。結局そのアイディアを基に新規テーマを始めるという方向には話が進まず、私自身もアイディアの欠点を克服する方法を見つけられなかったため、プロポーザルに書いた研究を行うことは断念しました。

次回に続く。

関連リンク

関連書籍

kanako

kanako

投稿者の記事一覧

大学院生。化学科、ケミカルバイオロジー専攻。趣味はスポーツで、アルティメットフリスビーにはまり中。

関連記事

  1. 書物から学ぶ有機化学4
  2. 計算化学:DFT計算って何?Part II
  3. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらし…
  4. 化学と権力の不健全なカンケイ
  5. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  6. 化学物質でiPS細胞を作る
  7. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  8. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  2. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  3. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole
  4. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  5. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏
  6. ちょっと変わったイオン液体
  7. 鋳型合成 Templated Synthesis
  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  9. 11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に
  10. 大久野島毒ガス資料館

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP