[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

kanako

アメリカの製薬企業の研究員。抗体をベースにした薬の開発を行なっている。
就職前は、アメリカの大学院にて化学のPhDを取得。専門はタンパク工学・ケミカルバイオロジー・高分子化学。

  1. エドウィン・サザン Edwin M. Southern

    エドウィン・サザン(Edwin M. Southern;1938年6月7日-)は、イギリスの分子生物学者である。オックスフォード大学名誉教授。DNA型鑑定の元となるサザンブロッティング法の開発、DNAマイクロアレイの基礎技術の開発で知られる…

  2. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen

    ロルフ・ヒュスゲン(Rolf Huisgen;1920年6月13日-2020年3月26日)は、ドイツ…

  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表

    9月26日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2019年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

  4. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

    研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

  5. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

    アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candid…

  6. CRISPR(クリスパー)

  7. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

  8. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

  9. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

  10. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  11. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列

  12. アメリカで医者にかかる

  13. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

  14. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  15. タンパクの「進化分子工学」とは

  16. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  2. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  3. 暑いほどエコな太陽熱冷房
  4. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  5. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  6. ノーベル化学賞受賞者が講演 3月1日、徳島文理大学
  7. なぜ電子が非局在化すると安定化するの?【化学者だって数学するっつーの!: 井戸型ポテンシャルと曲率】

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP