[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

[スポンサーリンク]

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  2. ショウガに含まれる辛味成分
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  5. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)…
  6. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  8. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲラニオール
  2. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  3. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  4. 光化学フロンティア:未来材料を生む有機光化学の基礎
  5. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  6. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  9. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より
  10. 不正の告発??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP