[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  2. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  3. Nsアミン誘導体
  4. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  5. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  6. テトラキス(トリフェニルアセタート)ジロジウム(II):Tetr…
  7. 活性マグネシウム
  8. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  2. リンダウ会議に行ってきた④
  3. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  4. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  5. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  6. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  7. “Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは
  8. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  9. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する
  10. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP