[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウェブサイトのリニューアル
  2. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  3. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  4. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  5. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  6. 研究者へのインタビュー
  7. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  8. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  2. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  3. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  4. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  5. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  6. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  7. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う
  8. 毒劇アップデート
  9. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化
  10. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP