[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第一世代触媒

[スポンサーリンク]

mfcd01090946.gif

Aldrich
Grubbs第一世代触媒:Benzylidene-bis(tricyclohexylphosphine)dichlororuthenium
Bis(tricyclohexylphosphine) benzylidine ruthenium(IV) chloride
分子量:822.96
CAS:  172222-30-9
製品コード: 579726 
値段: 1 g 20,700 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第一世代の触媒。活性は第二世代に比べて低いが、その活性の低さがよい結果を生む場合もある。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  2. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…
  3. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  4. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  5. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…
  6. BTQBT : BTQBT
  7. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  2. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  3. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表
  4. 第8回平田メモリアルレクチャー
  5. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrile Oxide
  6. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  7. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  8. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  9. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction
  10. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日

アメリカでの大学院生活って、どんな感じ?文章で読んでもなかなか想像が付きにくいかもしれません…

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP