[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman

    スティーブン・C・ジマーマン(Steven C. Zimmerman、1957年10月8日-)は、アメリカの有機化学者である  (写真:Wikipedia)。イリノイ大学教授。 (さらに…)…

  2. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

    山元 公寿(やまもと きみひさ、19XX年X月X日-)は、日本の高分子化学者、超分子化学者である…

  3. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震

    先日の化学者のつぶやきにおいて、Webで簡単にできる東北地方太平洋沖地震の募金に関する情報を…

  4. 最も引用された論文

     先日の化学者のつぶやきにおいて、トムソン・ロイターより発表された論文引用ランキングをご…

  5. ノーベル賞いろいろ

    2010年のノーベル賞の発表が迫ってきました。そこで今回はノーベル賞にまつわる数…

  6. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

  7. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

  8. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS

  9. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?

  10. ジェフリー・ムーア Jeffrey S. Moore

  11. 原田 明 Akira Harada

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 円偏光スピンLEDの創製
  2. ベティ反応 Betti Reaction
  3. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  4. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  5. 日本薬学会第125年会
  6. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  7. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

PAGE TOP