[スポンサーリンク]

M

MAC試薬 MAC Reagent

[スポンサーリンク]

 

概要

MAC(masked acyl cyanide)試薬は、カルボン酸の酸化段階をもつ一炭素増炭剤である。一酸化炭素等価体と見なすことができる。活性メチレンプロトンを引き抜く程度の弱塩基条件で反応を行える有用試薬。

 

基本文献

  • Nemoto, H.; Kubota, Y.; Yamamoto, Y. J. Org. Chem. 199055, 4515. DOI: 10.1021/jo00302a008
  • Nemoto, H.; Li, X.; Ma, R.; Suzuki, I.; Shibuya, M. Tetrahedron Lett. 2002, 44, 73. doi:10.1016/S0040-4039(02)02483-8
  • Nemoto, H.; Li, X.; Ma, R.; Suzuki, I.; Shibuya, M. Tetrahedron Lett. 2003, 44, 73. doi:10.1016/S0040-4039(02)02483-8
  • 根本尚夫, 有機合成化学協会誌, 2004, 62, 347.
  • Nemoto, H.; Kawamura, T.; Miyoshi, N. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 14546. DOI: 10.1021/ja054010h

 

反応機構

 

反応例

ワンポットでのペプチドミメティクス合成
MAC_1.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gil…
  2. 野崎・檜山・岸反応 Nozaki-Hiyama-Kishi (N…
  3. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  4. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective …
  5. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  6. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  7. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  8. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  2. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  3. バナジル(アセチルアセトナト) Vanadyl(IV) acetylacetonate
  4. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. AIが作った香水、ブラジルで発売
  7. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  8. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  9. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  10. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP