[スポンサーリンク]

M

MAC試薬 MAC Reagent

 

概要

MAC(masked acyl cyanide)試薬は、カルボン酸の酸化段階をもつ一炭素増炭剤である。一酸化炭素等価体と見なすことができる。活性メチレンプロトンを引き抜く程度の弱塩基条件で反応を行える有用試薬。

 

基本文献

  • Nemoto, H.; Kubota, Y.; Yamamoto, Y. J. Org. Chem. 199055, 4515. DOI: 10.1021/jo00302a008
  • Nemoto, H.; Li, X.; Ma, R.; Suzuki, I.; Shibuya, M. Tetrahedron Lett. 2002, 44, 73. doi:10.1016/S0040-4039(02)02483-8
  • Nemoto, H.; Li, X.; Ma, R.; Suzuki, I.; Shibuya, M. Tetrahedron Lett. 2003, 44, 73. doi:10.1016/S0040-4039(02)02483-8
  • 根本尚夫, 有機合成化学協会誌, 2004, 62, 347.
  • Nemoto, H.; Kawamura, T.; Miyoshi, N. J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 14546. DOI: 10.1021/ja054010h

 

反応機構

 

反応例

ワンポットでのペプチドミメティクス合成
MAC_1.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マーティンスルフラン Martin’s Sulfur…
  2. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Sy…
  3. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  4. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  5. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  6. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  7. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  8. フリース転位 Fries Rearrangment

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. ノーベル化学賞まとめ
  3. 反応中間体の追跡から新反応をみつける
  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  5. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  6. エレクトロクロミズム Electrochromism
  7. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  8. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  9. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  10. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP