[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

シリカゲルはメタノールに溶けるのか?

silica gel.jpg


 実験で困ったときにインターネットを活用する人も多いかと思います。例えばシリカゲルカラムにおける溶媒の選択で、メタノールの使用に関して調べてみますと、メタノールを使うとシリカゲルが溶けるという話があります。溶けているのはシリカゲルではなく無機塩だという話もあります。一体どちらなのでしょうか?また、こんなときはどうするべきでしょうか?

 

 


まず、シリカゲルがメタノール溶けるかどうかに関して結論から言ってしまいますと、シリカゲルはメタノールに溶けることがあります。これはモノによるようですが。例えば筆者の研究室で使用している関東化学の球状シリカゲル・中性ではメタノール100 %で使用しても問題なく分離出来るようですが、酸性の球状シリカでは溶解することがあるようです。もしシリカが溶けて混入してしまった場合の対処方法としては、エバポレータなどで溶媒を留去した後に、目的物のみが溶ける溶媒に溶解させて濾過することで取り除けます。また、モノによっては無機塩が出てくるということもありますが、こちらは目的物をチャージする前に溶離液を十分に流しておけば問題ありません。

こういった情報はメーカーに問い合わせることで、多くの場合すぐに得ることができます。インターネット上でも簡単に色々な情報を得ることが出来るため、インターネットに頼りがちですが、インターネット上の情報は時として不確かで曖昧であります。筆者の周りでは意外にメーカーに直接問い合わせる人が少ないように感じます。初歩的な質問をするのが恥ずかしいと思うこともあるかもしれませんが、より確実性の高い情報を得るために、メーカーに問い合わせることも必要ではないでしょうか。大抵の場合は親切に答えてくれると思います。
  • 関連リンク

シリカゲル – Wikipedia

カラムクロマトグラフィー – Wikipedia

関東化学

The following two tabs change content below.
shiba

shiba

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  2. 笑う化学には福来たる
  3. 研究室での英語【Part 3】
  4. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  5. 共役はなぜ起こる?
  6. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  7. お”カネ”持ちな会社たち-1
  8. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペンタシクロアナモキシ酸 pentacycloanamoxic acid
  2. ハイフン(-)の使い方
  3. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  4. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  5. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  6. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  7. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!
  8. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  9. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  10. 捏造は研究室の中だけの問題か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP