[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage

[スポンサーリンク]

 

 ジャン=ピエール・ソヴァージュ (Jean-Pierre Sauvage、1944年10月21日-)はフランスの超分子化学者である(写真:Sauvage Research Group)。

 

経歴

1971 ストラスブール大学 博士号取得 (J.-M. Lehn)
1973-1974 オックスフォード大学 博士研究員 (M. L. H. Green)
1988 CNRS リサーチディレクター

 

受賞歴

1978 Bronz Medal from the CNRS
1988 CNRS Silver medal
1991 Izatt-Christensen Award in Macrocyclic Chemistry
1992 Donders Lectureship, University of Utrecht
1994 Prelog Gold Medal ,ETH Zurich (Switzerland)
2000 Centenary Lecturer (Royal Society of Chemistry, United Kingdam)
2005 Pierre Sue Prize of the French Society of Chemistry
2005 Catalan Sabatier Prize of the Royal Spanish of Society of Chemistry
2008 RB Woodward Award in Porphyrin Chemistry
2016 Nobel Prize (Chemistry) for “the design and synthesis of molecular machines”

 

研究概要

金属錯体を鋳型とした効率的なカテナンや トレフォイルノット の先駆的な合成。また、金属錯体を用いた分子モータや分子筋肉を合成している。

Trefoil knot.jpg

(Angew. Chem. Inl. Ed. Engl. 28 (1989) No. 2)

Molecular Muscle.jpg

(Angew. Chem. Inl. Ed. Engl. 39 (2000) No. 18)

コメント&その他

執筆論文数は400以上、2007年時点のH-indexは81。

 

関連文献

Stoddart, J. F.;  Chem. Soc. Rev., 2009, 38, 1521

Durola, F., Sauvage, J-P., Wenger, O. S.; Coordination Chemistry Reviews, 2010,  254, 1748

関連動画

関連書籍

関連リンク

shiba

shiba

投稿者の記事一覧

学生。化学以外にも歴史とか好きです。至福の時は、良い実験結果が得られた時と美味しいものを食べてるとき。

関連記事

  1. 日本学術振興会賞受賞者一覧
  2. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  3. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  5. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  6. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Har…
  7. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  8. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応
  2. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  3. 高校生・学部生必見?!大学学術ランキング!!
  4. 分子1つがレバースイッチとして働いた!
  5. 2008年10大化学ニュース
  6. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  7. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  8. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  10. よくわかる最新元素の基本と仕組み

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP