化学者のつぶやき

SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?

どこの現場でもちょっとしたアイデアや小物・廃品を活用して、便利で安価なラボライフを工夫していることと思います。秘めたる工夫、自信のあるアイデア、皆さんもお持ちではないでしょうか?是非ともみんなに教えてみたい!と感じたそこの貴方に朗報です!

今回、ケムステが旗振りして、身近なラボDIYを紹介し合うコンテスト企画を行うことにしました。題して

『集まれ、みんなのラボのDIY!』

優れたアイデアにはAmazonギフト券をプレゼントしちゃいます!

エントリーの仕方

#ケムステDIY

というハッシュタグを付け、ラボ生活が楽しくなったり、ちょっとだけ便利になるような、皆さんの身近で行われている化学DIY・小さな工夫を、お持ちのSNSアカウント(Twitter・Facebook)で解説とともにつぶやいて下さいケムステSlackの#b04_diy化学チャンネルで紹介してくれてもかまいません!ノーベル賞予想企画と基本的には同じ要領です。

  • ハッシュタグを手がかりに、可能な限りケムステスタッフが回収したうえで、いいねやリツイート数も加味して審査に附します。優れた工夫には、Amazonギフト券(1位:30,000円分、2位:10,000円分、3位 5,000円分 特別賞 5,000円分)をプレゼントしちゃいます!
  • ケムステV年末ライブ(昨年度はこちら、12月26日予定、正確な締め切りは後日記載)までに行われたつぶやきを有効投票とします。滑り込みでもOKです!
  • 化学っぽさが入っていれば、分野は特に問いません。周辺・融合分野からの応募も歓迎します。
  • 1アカウントあたりのエントリー数は上限無しとします。沢山紹介してくれるほど、受賞チャンスは増えます!
  • アカウント種の個人・団体は問いません。中高科学クラブや自由研究発からの応募も歓迎します!
  • スマホなどで撮影した写真/ショートムービー付きで投稿頂けると、分かりやすくなると思います!
  • 集まった工夫は、コンテスト終了後にTogetterなどを使ってまとめリスト化し、参照しやすくする予定です。これ面白いな!と思ったつぶやきは適宜リツイートもしていきます。
  • 動画として面白いものは、ケムステYouTubeチャンネルへの掲載依頼をさせて頂くかも知れません。

エントリーの参考に: DIY事例を紹介!

ガチDIYから便利な工夫、エンタメ色の強いモノまで、幅広く募集します。

「こんなくだらないモノでも大丈夫かな・・・?」ご安心ください、他人から見ると素晴らしい工夫になることも多々あります。というかくだらなすぎて逆に思い付かないクリエイティビティこそを求めてます(笑)。エントリーの参考にしていただけるよう、筆者の周りで実施されている事例を参考までに貼っておきます。

作例その1:アンプルカッターネックレス

筆者個人が行っている工夫です。ハート型のアンプルカッターは、すぐにどこかに行ってしまいます。ビニールテープとたこ糸で引っかけておくようにしたら、一切なくならなくなりました。ちょっとしたことですがバカにする事なかれ、とっても役立ってます。

作例その2:「吊るスタイル」DIY

ケムステスタッフMacyさん提供のDIYです。限られたスペースの上空をつかうことで実験効率アップ!

左:ロートやろ過リングを吊していくための洗濯バサミ 右:パイプを2本並べることで、ロート・メスシリンダー・フラスコ・洗びんのラックに。洗びんに針金を巻くことで補強されて、重い水の洗びんも全く落ちない。

作例その3:ピペットホルダーをDIY

ケムステスタッフDAICHANさん提供のDIYです。100均ショップ強力すぎ!

左:100均の歯ブラシ立てを逆さにして吊るしパスツールホルダーに。
右:パスツール立てその2。ただクリップをジャングルに付けただけ。

作例その4:3Dプリンターで実験器具をDIY!

こちらで以前軽く紹介したものですが、粉体漏斗のミニ版を3Dプリンターで自作しました。ガラス版を買うと良いお値段がします・・・。

作例その5:実験器具や装置デコ

実用性はなくても全然構いません。普段のラボライフを彩る、遊び心のある工夫・ラボ生活の楽しさをこの機会に是非みなさんに伝えてみてください。このツイートで紹介されていた化学ツリーなんかは、誰もが見て楽しくなる素晴らしい事例です。

作例その6:ケムステで紹介した各種DIY

過去のケムステ記事も不定期紹介させて頂いてます。毎回現場で話題になることが多く、大好評であることがうかがえます。こんな感じのガチ系DIYもOKです。

作例その7:マインクラフトで化学ラボをつくる

リアル事案じゃ無いですが、こんなのもれっきとしたDIYでは!?言い張ったもん勝ちです!こういう斜め上のエントリーも大歓迎です(笑)。

みんなでつぶやいて、ラボ生活を便利にしよう!

ちょっとヒアリングした限りでも、こんなに沢山の工夫があることに驚きですね!ラボ文化の違いを知れる機会として、とても興味深いです。

繰り返しになりますが、皆さんのラボの楽しいDIYを、

#ケムステDIY

ハッシュタグ付きでケムステV年末ライブ(昨年度はこちら、12月26日予定、正確な締切は後日記載)までにつぶやいてエントリーください!沢山のご応募をお待ちしています!

Avatar photo

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

Avatar photo

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 配位子保護金属クラスターを用いた近赤外―可視光変換
  2. 電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分…
  3. ワンチップ顕微鏡AminoMEを買ってみました
  4. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反…
  5. レビュー多すぎじゃね??
  6. 室温以上で金属化する高伝導オリゴマー型有機伝導体を開発 ―電子機…
  7. スケールアップ・プロセス検討におけるインフォマティクス活用 -ラ…
  8. 立春の卵

注目情報

ピックアップ記事

  1. whileの使い方
  2. 社会人7年目、先端技術に携わる若き研究者の転職を、 ビジョンマッチングはどう成功に導いたのか。
  3. スティーヴン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  4. チン・リン Qing Lin
  5. カテラニ反応 Catellani Reaction
  6. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  7. 肩こりにはラベンダーを
  8. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  9. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】
  10. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP