[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき化学英語・日常英語

  1. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

    さて、前記事「論文執筆で気をつけたいこと20(1)」の続きです。後半は日本人がよく間違える動詞の使い方と、その他文章でよく使われる「癖」についてです。11. 時制の不正確さ論文を書いている「今」という視点からみた過去と未来。…

  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)

    日本人が英文を書く際、独特の間違いをすることが知られています。本記事では、2回に分けて、専門…

  3. どっちをつかう?:adequateとappropriate

    日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

  4. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate

    「cooperate」と「collaborate」は意味が似ており、双方とも「共同する」、「協同する…

  5. どっちをつかう?:in spite ofとdespite

    前置詞の働きをする「in spite of」と「despite*」はほぼ同じ意味を持ち、どちらを使っ…

  6. varietyの使い方

  7. alreadyの使い方

  8. sinceの使い方

  9. howeverの使い方

  10. ハイフン(-)の使い方

  11. bothの使い方

  12. whileの使い方

  13. comparing with (to)の使い方

  14. as well asの使い方

  15. 英会話とプログラミングの話

  16. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  2. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  3. BASFとはどんな会社?-1
  4. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  5. ハイフン(-)の使い方
  6. 食品衛生関係 ーChemical Times特集より
  7. 有機アジド(2):爆発性

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP