[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき化学英語・日常英語

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の7年目です。さて英語はマスターできたでしょうか?1年目、2年目、3年目、4年目、5年目、6年目の結果はこちら。科学とは関係ありませんのでご興味の無い方はスルーしてくださ…

  2. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science Dictionary

    化学情報協会(JAICI)が新たな辞書ツールJAICI Science Dictionaryの提供を…

  3. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

    さて、前記事「論文執筆で気をつけたいこと20(1)」の続きです。後半は日本人がよく間違える動詞の使い…

  4. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)

    日本人が英文を書く際、独特の間違いをすることが知られています。本記事では、2回に分けて、専門…

  5. どっちをつかう?:adequateとappropriate

    日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

  6. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate

  7. どっちをつかう?:in spite ofとdespite

  8. varietyの使い方

  9. alreadyの使い方

  10. sinceの使い方

  11. howeverの使い方

  12. ハイフン(-)の使い方

  13. bothの使い方

  14. whileの使い方

  15. comparing with (to)の使い方

  16. as well asの使い方

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生体共役反応 Bioconjugation
  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  3. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  4. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  5. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  6. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  7. エステルを使った新しいカップリング反応

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

PAGE TOP