[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき化学英語・日常英語

  1. bothの使い方

    形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によって誤って使用されることがよくあります。最もよく見られるのは、「both」で2つの物事の「関係」を表わそうとするという誤りです(これは…

  2. whileの使い方

    接続詞「while*」には2種類の意味がありますので、誤解を避けるために注意が必要です。「w…

  3. comparing with (to)の使い方

    副詞の役割を果たす「comparing with (to)」もよく誤って用いられる語です。以下にその…

  4. as well asの使い方

    「as well as 」は日本人学者が英語論文を書く際に最もよく誤用される表現の1つです。…

  5. 英会話とプログラミングの話

    私は業務の関係上、有機化学者でありながらプログラミングも行う必要があります。プログラミングは研究所に…

  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

  7. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)

  9. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~

  10. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing

  11. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

  12. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

  13. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ

  14. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

  15. Skype英会話の勧め

  16. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  2. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  3. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  4. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる 世界標準の「書く技術」』
  5. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣
  6. α-トコフェロールの立体選択的合成
  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

PAGE TOP