[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき化学英語・日常英語

  1. howeverの使い方

    副詞「however」は、日本人に最もよく誤用される語の一つです。その誤用は何種類かに分けられますが、ここでは文法上の誤りを考察します。「however」には主な意味が二つあり、それぞれ、「but」そして「in whatever w…

  2. ハイフン(-)の使い方

    yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

  3. bothの使い方

    形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

  4. whileの使い方

    接続詞「while*」には2種類の意味がありますので、誤解を避けるために注意が必要です。「w…

  5. comparing with (to)の使い方

    副詞の役割を果たす「comparing with (to)」もよく誤って用いられる語です。以下にその…

  6. as well asの使い方

  7. 英会話とプログラミングの話

  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

  9. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉

  10. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)

  11. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~

  12. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing

  13. edXで京都大学の無料講義配信が始まる!

  14. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

  15. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ

  16. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  2. ダイセル、化学技術賞を受賞 ウェハーレンズ開発と製品化
  3. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound
  4. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用
  5. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  6. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  7. Lead Optimization for Medicinal Chemists

注目情報

最新記事

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

PAGE TOP