[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

    ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart Iの続きです。発表が終わったので、基本的にあとは会議を楽しむのみ。夜は1-3時ごろまで飲み、朝7時前に起きて、9時ごろからの講演会に参加する。…

  2. ご長寿化学者の記録を調べてみた

    先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

  3. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI

    すぐ書こうと思ってすでに4ヶ月も経過してしまいましたが、6月中旬にアメリカ東海岸で行われたゴードン会…

  4. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  5. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

    大学生・高専生による自主研究の祭典、サイエンス・インカレの研究発表会に参加しました。発表会の様子と化…

  6. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  7. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

  8. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

  9. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん

  10. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!

  11. スタチンのふるさとを訪ねて

  12. サイエンスアゴラ2015総括

  13. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

  14. 中国へ講演旅行へいってきました①

  15. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

  16. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  2. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  3. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  4. ホストとゲスト?
  5. アイルランドに行ってきた①
  6. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  7. 導電性高分子の基礎、技術開発とエネルギーデバイスへの応用【終了】

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

PAGE TOP