[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

    今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人である大内誠先生について、Maitotoxin(大内研究室出身。現在香港科技大学Ben Zhong Tang研博士課程学生)が僭越ながらも紹介い…

  2. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

    今回の記事では、第11回ケムステバーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく、講師…

  3. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

    今回の記事では、第11回ケムステバーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく、講師…

  4. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

    今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月7日(水) 18時45分に発表です。昨年…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  6. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました

  7. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!

  8. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

  9. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

  10. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

  11. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  12. タイに講演にいってきました

  13. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

  14. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III

  15. 米国へ講演旅行にいってきました:Part I

  16. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  2. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  3. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  4. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions
  5. Google翻訳の精度が飛躍的に向上!~その活用法を考える~
  6. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  7. 学会風景2001

注目情報

最新記事

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

ものづくりのコツ|第10回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

PAGE TOP