[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年毎年恒例、ノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月9日(水) 18時45分に発表となります。昨年のノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に授与されました!予想も難しかったと思いますが、的中者もなんと3…

  2. タイに講演にいってきました

    8月25日〜29日までタイのバンコクに講演のためにいってきました。なぜタ…

  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  4. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III

    3部作の第三弾。もう講演旅行にいったのが12月なので、半年ほどたってしまっていますが、続きいきます。…

  5. 米国へ講演旅行にいってきました:Part I

    昨年の話になってしまいましたが、タイトル通り11月末から半月ほど米国に講演旅行にいってきました。訪問…

  6. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

  7. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

  9. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

  10. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

  11. とある化学者の海外研究生活:イギリス編

  12. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

  13. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  14. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI

  15. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  16. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  2. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaphenylene
  3. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  4. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  5. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  6. ボロールで水素を活性化
  7. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP