[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

    夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞こえ始めてきています。毎年夏頃には学生向けの発表・懇親企画、いわゆる「若手の会」が分野ごとに沢山開催されるものですが、昨年はコロナの…

  2. SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

    今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  4. 「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

    近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

  5. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生

    今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、…

  6. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

  7. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

  8. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介②:前田 勝浩 先生

  9. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介①:東原 知哉 先生

  10. SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

  11. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】

  12. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました

  13. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!

  14. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

  15. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

  16. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スピノシン Spinosyn
  2. Arborisidineの初の全合成
  3. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  4. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  5. 天野 浩 Hiroshi Amano
  6. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  7. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP