[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年毎年恒例、ノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月9日(水) 18時45分に発表となります。昨年のノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に授与されました!予想も難しかったと思いますが、的中者もなんと3…

  2. タイに講演にいってきました

    8月25日〜29日までタイのバンコクに講演のためにいってきました。なぜタ…

  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

  4. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III

    3部作の第三弾。もう講演旅行にいったのが12月なので、半年ほどたってしまっていますが、続きいきます。…

  5. 米国へ講演旅行にいってきました:Part I

    昨年の話になってしまいましたが、タイトル通り11月末から半月ほど米国に講演旅行にいってきました。訪問…

  6. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

  7. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

  9. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

  10. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

  11. とある化学者の海外研究生活:イギリス編

  12. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

  13. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  14. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI

  15. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  16. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)
  2. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  3. レビュー多くてもよくね?
  4. アジサイから薬ができる
  5. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化
  6. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質
  7. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP