[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき講演・人

  1. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III

    3部作の第三弾。もう講演旅行にいったのが12月なので、半年ほどたってしまっていますが、続きいきます。前回(Part II)までで、全行程米国8大学のうち、半分の4大学を回りました。すべて西海岸でしたので、中西部への移動からはじまります。…

  2. 米国へ講演旅行にいってきました:Part I

    昨年の話になってしまいましたが、タイトル通り11月末から半月ほど米国に講演旅行にいってきました。訪問…

  3. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

    さていよいよノーベル化学賞の発表が近づいてまいりました。毎年のことですが、私も電話の前で待機したいと…

  4. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

    各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

  6. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

  7. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

  8. とある化学者の海外研究生活:イギリス編

  9. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

  10. ご長寿化学者の記録を調べてみた

  11. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI

  12. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

  13. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

  14. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

  15. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

  16. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  2. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  3. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  4. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  5. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  6. 可視光で働く新しい光触媒を創出 -常識を覆す複合アニオンの新材料を発見-
  7. 高峰公園

注目情報

最新記事

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

PAGE TOP