[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまいである気がします。触媒量は少ないにこしたことはないんですが、いったいどこまで減らすことができるのでしょう?今回はそれに関連するお話、…

  2. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  3. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

  4. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する…

  5. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  6. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  7. 共役はなぜ起こる?

  8. もっとも単純な触媒「プロリン」

  9. 本当の天然物はどれ?

  10. ノルゾアンタミンの全合成

  11. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  12. 生合成を模倣した有機合成

  13. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  14. ハメット則

  15. 有機の王冠

  16. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  2. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能
  3. ImageJがWebブラウザ上で利用可能に
  4. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  5. 化合物と結合したタンパク質の熱安定性変化をプロテオームワイドに解析
  6. 最近の金事情
  7. 日本化学会、論文無料公開へ新方式

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP