[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

 

概要

5-アシルアミノイソキサゾールを還元開裂することでピリミドン誘導体が得られる。

 

基本文献

  • Shaw, G.; Sugowdz, G. J. Chem. Soc. 1954, 665.

 

反応機構

shaw_pyrimidine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  2. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  3. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  5. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  6. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  7. フリース転位 Fries Rearrangment
  8. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  2. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  3. ネオ元素周期表
  4. 組曲『ノーベル化学賞』
  5. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  6. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授
  7. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  8. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  9. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  10. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil

ウォルフガング クローティル (Wolfgang Kroutil, 1972年8月5日-) Graz…

光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP