[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

5-アシルアミノイソキサゾールを還元開裂することでピリミドン誘導体が得られる。

 

基本文献

  • Shaw, G.; Sugowdz, G. J. Chem. Soc. 1954, 665.

 

反応機構

shaw_pyrimidine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  2. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…
  3. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  4. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  5. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  6. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  7. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  8. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Ta…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  2. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  3. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  4. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応
  5. 有機化学クロスワードパズル
  6. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  7. 入江 正浩 Masahiro Irie
  8. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  9. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  10. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アンモニアの安全性あれこれ

アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいし…

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP