[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

5-アシルアミノイソキサゾールを還元開裂することでピリミドン誘導体が得られる。

 

基本文献

  • Shaw, G.; Sugowdz, G. J. Chem. Soc. 1954, 665.

 

反応機構

shaw_pyrimidine_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

 

関連記事

  1. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red…
  2. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  3. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  4. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  5. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting …
  6. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction
  7. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  8. テッベ試薬 Tebbe Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  2. 太陽ホールディングスってどんな会社?
  3. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化
  4. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  5. 東京化成工業がケムステVシンポに協賛しました
  6. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz
  7. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  8. 化学者のためのエレクトロニクス講座~化合物半導体編
  9. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  10. 化学でカードバトル!『Elementeo』

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP